スプリンターズステークス2020:過去10年のデータを分析し激走馬を見抜け!

スプリンターズステークス:データを駆使して人気・枠も含めて様々な角度からひも解いていく


競馬データのまとめです。
今回は中山競馬場 芝1200mで行われる、2020年のスプリンターズステークスのデータを要点を含めてまとめます。

 

過去10年のデータを分析し、人気・枠・騎手を含めて様々な角度から分析していきます。

 

 

日時 2020年10月4日 第4回中山9日目
レース名 第54回スプリンターズステークス
条件・グレード 3歳以上 (G1)定量
距離 芝1200メートル

 

 

 

 

当日人気

スプリンターズステークスの過去10年のデータにおける、当日人気別の成績です。

 

鬼坊やプロフィール

 

基本的に1着馬は1〜3人気に集中していますが、10番人気と13番人気でそれぞれ1回ずつ1着があり、5番人気以下の馬の成績は2・4・9・105と相手には伏兵がかなりの確率で飛び込んで来ています。

 

人気馬の安定度は写真の通りですが、4番人気から6番人気が0・1・1・28とぱっとせず、その分下位人気が食い込んできている状況です。

 

もう少しスプリンターズステークスの当日人気のデータを深堀すると、過去10年で伏兵が絡まなかったのは昨年の2019年のみで、この年は唯一1番人気から3番人気で決着しました。

 

それ以外の年はと言うと
2018年 1番人気、11番人気13番人気
2017年 1番人気、5番人気、7番人気
2016年 3番人気、2番人気、9番人気
2015年 1番人気、11番人気9番人気
2014年 13番人気、5番人気、2番人気
2013年 1番人気、2番人気、15番人気
2012年 2番人気、1番人気、9番人気
2011年 3番人気、9番人気7番人気
2010年 10番人気、3番人気、6番人気
上記のように2019年を除く過去9年のスプリンターズステークスでは、毎年かならず7番人気以下の馬が馬券対象になっています。

 

 

 

乗替り

下の画像はスプリンターズステークスの過去10年のデータにおける乗替りにおける影響がどれだけ出ているかを現したものです。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

 

 

レース間隔

神戸新聞杯の過去10年のデータにおけるレース間隔別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

間隔で明暗がハッキリ分かれていて、大半の馬券対象馬は前走から10週以上の休み明けとなっています。
勝ち馬も全て休み明けの馬で、2着馬の8割も休み明けの馬となっており、春のG1からしっかり休み始動してくる馬達が圧倒的に有利となっています。

 

 

 

前走着順

神戸新聞杯の過去10年のデータにおける、前走着順別の傾向です。
鬼坊やプロフィール

 

勝ち馬の8割は前走1、2着となっており、馬券の大半を占めています。

 

逆に前走6着以下の馬は、過去10年で0・2・3・41となっており、1着は1度もありません。

 

 

 

前走人気

神戸新聞杯の過去10年のデータにおける、前走人気別の傾向です。
鬼坊やプロフィール

 

過去10年の神戸新聞杯において、前走6番人気以下だった馬は神戸新聞杯で1着がありません。
毎年必ず勝ち馬は前走5番人気以内から出ています。

 

 

 

前走クラス

神戸新聞杯の過去10年のデータにおける、前走クラス別の傾向です。
鬼坊やプロフィール

 

過去10年の神戸新聞杯において、勝ち馬10頭中9頭は前走同クラスでした。
その内全ての勝ち馬が前走G1組となっています。

 

ただし、前走G3組は過去9頭しか出走しておらず、データとしての母数が少ないため、今後は勝ち馬を出してくる可能性はあります。

 

昇級戦は苦戦傾向にあり、1・3・3・59で前走3勝クラスの馬が1勝しているだけです。
しかし1着は少ないですが、前走2.3勝クラスの馬達は1・3・3・35と2,3着はそこそこの数字で、完全に軽視は禁物です。

 

ただし、前走1勝クラスとなると話は別で0・0・0・23と過去10年1度も馬券対象になっていません。

 

前走G1組が中心となる中で、最下層のクラスからの挑戦では当然ながら歯が立たない事が分かります。

 

 

キャリア別

オールカマーの過去10年のデータにおけるキャリア別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

キャリア26戦以上の馬は0・2・1・54と過去20年勝ち星は無く、キャリア31戦以上になると0・0・1・38と更に成績が悪くなります。

 

 

年齢別

オールカマーの過去10年のデータにおける年齢別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

さほど大きな特徴はないですが、4歳〜6歳が中心となり、7歳以上の高齢馬は苦戦傾向です。

 

 

枠別

オールカマーの過去10年のデータにおける枠順別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

意外な事に内枠の勝率が悪くなっており、5枠〜8枠が各2勝ずつと言うデータになっています。

 

では、データを過去15年にしてみたらどうなのか?
以下、過去15年のオールカマーの枠番別成績になります。

鬼坊やプロフィール

 

3枠が3勝と勝ち星が平均化しては来ましたが、まだ1、2枠の勝率は低いままです。

 

 

 

血統

オールカマーの過去10年のデータにおける種牡馬別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

やはりディープインパクト産駒!では無く、やはり芝2200mではステイゴールド産駒ですよね。
出走頭数も一番ではありますが、勝ち鞍はステイゴールド産駒がトップになっています。

 

 

↓より良い記事を作ります!応援を是非お願いします!↓


最強競馬ブログランキングへ

 

 

 

関連ページ

札幌記念2021:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
札幌記念の過去10年におけるデータを分析し、2021年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
北九州記念2021:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
北九州記念の過去10年におけるデータを分析し、2021年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
新潟2歳ステークス2021:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
新潟2歳ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2021年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
キーンランドカップ:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
キーンランドカップの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
札幌2歳ステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
札幌2歳ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
小倉2歳ステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
小倉2歳ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
新潟記念2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
新潟記念2020の過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
紫苑ステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
紫苑ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
京成杯オータムハンデ2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
京成杯オータムハンデキャップの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
セントウルステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
セントウルステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
ローズステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
ローズSの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
セントライト記念2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
セントライト記念の過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
オールカマー2020:過去10年のデータを分析し激走馬を見抜け!
オールカマーの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
神戸新聞杯2020:過去10年のデータを分析し激走馬を見抜け!
神戸新聞杯の過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
シリウスステークス2020:過去10年のデータを分析し激走馬を見抜け!
シリウスステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。