鬼坊やの勝てるスロット理論・立ち回り

鬼坊やの勝てるスロット理論・立ち回り講座

スロットは真面目に取り組めば副業になります。

 

ただそれには当然楽して儲けるなんて出来ません。

 

メンタルだったり、勤勉さだったり、柔軟さだったり。

 

ここでは私なりのスロットの立ち回りや考え方などを紹介します。


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんばんは! 鬼坊やです。
ヾ(´∀`)ノ

 

今回はパチスロで高設定を掴む為のスランプグラフの読み方を解説していきます。

 

競馬で言うレース選択・軸馬選択の部分にあたり、ここをミスると事故でも起こさない限り低設定を高設定と錯覚(勘違い)して打ち続けることになるので私の中では非常に大事な作業の一つになります。

 

 

スランプグラフに着目することになったきっかけ

スランプグラフに着目することになったのは、何年前だろ?

 

4号機の初代北斗の時でした。
鬼坊やプロフィール

 

機械割りの高さと爆発力が好きで良く打ったし、大いに稼がせてもらった機種なのですが、出玉のグラフを眺めていたらある事に気づきました。

 

 

『出る台も出てない台も似たようなグラフになってね〜か?』

 

 

当時から携帯での出玉グラフを提供している店だったので、パチンコ屋にいないときは携帯でグラフを眺めて、パチンコ屋へいったら台のデータを直接みてました。
特にメダルを多く持って帰ったパチスロ台を良く見てました。

 

そうすると、出ているパチスロ台が結構な確率で似たようなグラフを刻む事に気づいたんです。

 

 

 

『これもしかしてつかえるんじゃね〜か?』

 

 

 

そう思った自分は出ている台のグラフを研究し始めました。

 

研究したと言っても、スランプグラフの写真撮影して研究していたわけでなく、出ているパチスロ台のスランプグラフを頭にインプットしていた感じです。

 

そこで気づいたこと。

右肩上がりのグラフになっている

ハマリが先ず無い

ハマっていても低い天井があるように一日の最大ハマりが少ない回転数で当たる

ハマリ回数も一日一回(多くて二回程度)

 

 

 

この時点で低設定の事故でも右肩上がりになるだろ?と思う方もいるかと思いますが、最初に答えを言うと単純に右肩上がりの台を狙っているのではなくここで言う右肩上がりのスランプグラフとは、、複数回に分けて上へ上る階段のようなグラフを描いている台を指してます。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

一つ一つ解説していきましょう。

 

 

パチスロ台は右肩上がりのグラフを狙う

まず大前提として右肩上がりのスランプグラフのパチスロ台を狙います。

 

ここで注意すべき点は主に2つ。

極力、階段のように何回かに分けて出ているパチスロ台を選ぶ。
一撃で出していないパチスロ台を選ぶ。

 

 

極力階段のように何回かに分けて出している台を選ぶのは、ポイント2ともリンクしますが、リスク回避のためです。

 

一撃で出している台を選ぶことで、リスクが増してしまいます。

 

  • フリーズなどの恩恵でたまたま大量獲得をした。
  • たまたま継続率の高いATやARTに当たった。

 

このようにパチスロは『たまたまの事故』でも一撃で大量獲得をすることがあり、そのようなたまたま出た可能性がある台はリスク回避のため狙わないようにします。

 

私が求めているのは高設定の安定性であり、ラッキーパンチは求めてないからです。

 

高設定でももちろん一撃で出ることはありますが、私は出るという確信に限りなく近づきたいので、一撃で出た台はスルーします。
鬼坊やプロフィール

 

階段のような右肩上がりのグラフを狙うのは、高設定は基本的にどのパチスロ台も初当たりが軽い場合が多く、少ない投資や少ないハマリでプラスを積み重ねていくケースが多いです。

 

それも長い時間を打てば打つほど、階段のような右肩上がりのスランプグラフになる傾向が強くなっていくので、まずそのような台を自分の得意機種を中心に数台目星を付けることから始めます。

 

 

 

ハマリが先ず無いパチスロ台を極力狙う

ハマリが少ないパチスロ台を狙うのは、先に書いた高設定は少ない回転数で出玉を開放していきます。

 

ここで言うハマリは台によって違うと思いますが、ざっくり500回転くらいを超える場合でしょうか。

 

基本的にパチスロ台は高設定であればあるほど、初当たり確率が軽くなるようにプログラムされていますから、ハマが極力少ない台を探すのは当然のことだと思います。

 

ハマリが少ない高設定は、天井へ行く確率が極めて低い上に、ハマる可能性自体も少なくなりますので天井近くまで行っているような台も疑ってかかります。

 

更に一々計算してないので数字では表せなく感覚で恐縮ですが、ハマリ自体を高設定が喰らっても一日に3回も4回もハマリに合うこと自体天文学的確率になります。

 

これらを警戒しながら目星を付けたパチスロ台の中からリスクを取り除いていきます。

 

グラフ上のハマリの確認内容確認は台の大当たり履歴や携帯データを見れる店は他人が打っている台も見れるので携帯データを使うのも便利です。

 

 

こんな感じで台のスランプグラフで目星をつけて、大当たり履歴やハマリ具合から狙い台を絞っていくのが最初のステップになります。

 

 

鬼坊やプロフィール

 

もちろん、スランプグラフだけでパチスロを打つ訳でなく、スランプグラフで狙い台を絞り込み、その他にも幾つかの情報でチェックを入れてリスクを取りながら高設定に目星をつけていき確信へ迫っていきます。

 

今度はスランプグラフを見ながら、幾つかのパターンや応用なども紹介しますね。

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

続きを読む≫ 2017/07/24 20:20:24


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

第2回ということで、今回は高設定のつかみかたにメスを入れて解説していきます。

 

鬼坊やプロフィール

 

高設定とは機械割りが100%を超える設定(設定4〜6)を指します。

 

機械割りが100%を超えると言うことは、理論上は打てば打つほどにプラスになります。

 

もちろん、波だったり、打ち始めた時間が遅すぎると投資のままで終わってしまう場合もありますがね。

 

ハイスペックな機種(主にユニバのゴッドやバジリスク)などは勝率が95%近くもあります。

 

では、そんな打てば楽しめてお金になる高設定を掴むにはどうしたらいいんでしょうか?

 

私の場合はスタート時間とスタートの台データの調査に特に力を入れてます。

 

 

高設定を狙い撃つ前にすること

高設定を探るのに、以下の順番で作業をしてます。

 

なぜなら、私のやり方の場合、打つまでの下調べで得た情報で勝負するかしないかをほとんど決めてしまうので、店に入ってするデータ確認でほとんど勝負が決まってしまいます。

 

鬼坊やプロフィール

 

  1. 必ず午後(夕方)からパチスロを打つ
  2. スロットのスランプグラフを見る(事前に携帯で下調べする場合もあり)
  3. スロット初当たり(AT、ART、BIG)を見る
  4. パチスロを打ちながら判別要素や出玉や反応を確かめる

 

では、これらをどのように作業していくのかに落とし込んでみましょう。

 

 

必ず午後からパチスロを打つ

 

鬼坊やプロフィール

 

ここもポイントなんですが、パチスロを打つ場合は必ず午後から打ちます。

 

理由は単純明快。

 

昼間は別の仕事をしているのでパチスロを打つことが出来ないことと、夕方以降のほうがすでに誰かが回していてパチスロ台のデータが蓄積されているからです。

 

データが蓄積されているので、0回転の台を朝一から打つよりも、データを軽く目視するだけで設定判別に必要なデータを見ることが出来ます。

 

朝一から設定変更までを判別していってと言うやり方ではなく、極力投資を減らすことと、判断スピードをあげることに特化した戦略を取っています。

 

なもんで台データが無いうちは打ちません。

 

 

スランプグラフと初当たり履歴などのデータが見れる店で打つ

 

夕方から打つ戦略を取ってもその肝心なデータが見れなければ判別出来ないので意味がないです。

 

なので、必ずデータが見れる店で打つようにしてます。

 

私が見てる必要なデータは。

  • スランプグラフ
  • 大当たり履歴
  • 携帯電話で見れるデータ(あれば)

 

スランプグラフはかなり重要視してます。

 

鬼坊やプロフィール

 

場合によってはスランプグラフ見て確信して打つこともあるほどデータでは一番注目してみてます。

 

このスランプグラフが気に入らない場合は打ちません。

 

 

大当たり履歴は初当たり確率と、どの程度まではまっているかを履歴から簡単に確認します。

 

鬼坊やプロフィール

 

主には高設定を狙っているので確率の何倍ハマリくらいを経験してるかと、当たりが軽いかどうかをチェックしてます。

 

当たりの軽い重いはもちろん機種によってさまざまなので、その機種の一般的な感覚からするとどうなのか?と言うことを感覚的に見てる感じです。

 

 

携帯電話で見れるデータをアプリやサイトで提供しているお店もありますので、携帯データを提供しているお店に良く場合は合間に狙い台を事前に絞り込めると言うメリットがあるので、事前に狙いを絞った上でホールに向かいます。
鬼坊やプロフィール

 

 

スロット初当たり(AT、ART、BIG)を見る

 

先の履歴と若干話がかぶりますが、履歴を見てART、AT、BIG確率などを探ります。

 

ジャグラーなどは初当たり重視で見ますが、バジリスク絆などは過去30回のBCとBTの履歴を見てBCを大体何回スルーくらいでBTに突入させているかを軽くみる感じです。

 

これだけで判断することはないですね。

 

あくまでスランプグラフありきで、そこで良いと思えた場合のみ、この初当たり確認などのステップにいきます。

 

 

 

パチスロを打ちながら判別要素や出玉や反応を確かめる

 

ここまでのステップでほとんど確信を持って打ち始めているんですけど、最後の最後で初めて雑誌やネットなどの情報を参考に頭に入れた巷に溢れている設定判別要素を気にしながら打っていきます。

 

絆で言うと、弱チェの落ち方はどんなもんか?
BT後のモード移行率は悪くないか?
BT1セット目のストック率は高いか?

 

鬼坊やプロフィール

 

など高設定の挙動をここで初めて確認しながら打ちます。

 

普段、朝一から打つ人が気にしながら打つ作業を台を決めた後に始めるのですが、スランプグラフなど台をデータを見て決めた時点で8割程度は高設定だと思って打っているので、ここでの作業は最後に勘違いをしていないか?を見る確認作業になります。

 

当然、同等の台AとBがあり、私がAを選択した場合Bの挙動はどうか?など周りの挙動は多少気にしながら打ちます。

 

この理由として、基本普通の店は設定6なんてあまり入れないので優良店で設定を使う店だったとしても、同じシマに2台も3台も高設定を使うことはまずないと考えているからです。

 

店は客に遊んでもらいながら儲けを出さないと成り立ちませんから、基本的にシマ全体で回収出きるように設定しています。

 

 

ここまでが私の高設定を掴むための台選びの流れです。

 

店選びや心構え、今回の記事の応用編もありますので、それはまた別の機会に記事にします。

 

 

最後に。

 

高設定をつかむと言ってますが、誤解の無いよう言っておくと、本当に高設定だったかなんて分からんのですw

 

6確定演出などが出れば話は別ですが、台を開けて見ているわけでもないので、実際に高設定だったかなんてお店しか分かりません。

 

でもなぜこのやり方でやっているかと言うと、最初は感覚的にこんなグラフの台が安定して出ているなぁ〜などおぼろげな感覚から、実際こんな台だけをストイックに打ち続けたらどうなるか?このようなスランプグラフを描きやすいのが個設定6の特徴では?などの実践での経験や実験を繰り返してきて、その事実として結果『年間トータルパチスロで負けていない』のでかなり高設定を掴むやり方としては近い所にりるのだと思ってます。

 

鬼坊やプロフィール

 

また、蓄積されたデータを見てから全てを判断しているのもいいのかもしれませんね。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/23 09:23:23


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

私が思うに、パチスロはやり方次第で誰でも勝てます。

 

一番大事なのは先日記事としてUPしたメンタルだと思ってますが、それ以外では正しくポイントを抑えた立ち回りをすることで、プラス収支が可能です。

 

ぶっちゃけ収支をつけて無かったんですが、年間間違いなプラスだろうな〜とは思っていて、1ヶ月2ヶ月ガチで収支を付けながら日々勝負してみようと考えました。

 

2016年、昨年の話です。

 

こちらが、昨年毎日セカセカと付けていた収支。

 

 

5月は30万チョイ勝ち。

 

鬼坊やプロフィール

 

6月は7万勝ちくらいまでつけてましたが、かったるくなってやめました(笑)

 

鬼坊やプロフィール

 

まぁ一番は一月半くらいガチでやってみて、『あ〜やっぱ勝てるな。』と確信出来たのでいちいち収支つけなくてもいいや。と思ったんですけど。

 

では、私がどんな感じでスロットを打っているか、簡単に解説していきます。

 

 

目押しは出来なくてもOK

 

お断りしておきます。

 

私。

 

目押しが出来ません。

 

・・・・

 

『は?』と思った人もいるかもですが、事実です。

 

と言うのも、目押しできなくてもパチスロは勝てるって思ったんで、出来ないなら出来ないままでいいや、ほかの大事な事や長所を伸ばそうって思ったんです。

 

勘違いしてもらっても困るので、言っておくと目押しはミスが少なくて無駄が少ないほどMAXのメダルを抜けるんで、あればそれに越したことはないです。

 

ただ、目押しが出来ないならいらない機種を打てばいいだけだと思ったり、目押しでガッツリ機械割りに影響するるような機種を打たなければいい!と思えたので、目押しの勉強は省いたって訳です。

 

 

じゃあ、逆に質問します。

 

ビタ押しできたらパチスロ安定して勝てますか?

 

そんなことはないですよね?勝敗に大きく影響するそれとは違いますよね?

 

 

そうなんです。

 

ベースとして安定したプラス収支を出すのに一番大事なこと。

 

高設定を打つこと!これ以外ないっす。
(天井狙いとかはおいといて)

 

なもんで目押しが出来なくても、パチスロの勝敗にはさして支障はないと言うことになるのです。

 

鬼坊やプロフィール

 

私、バジリスク絆が機械割り高いし、ゲーム性も好きなんで良く打ちますが、瞳術揃いなんてほとんど揃えないですから(笑)

 

BT中のBCなんか完全に目押し無視です。

 

ただでさえ下手なんで、狙う時間があったら1回転でも多く回してメダルを抜く(言葉は悪いですが金を稼ぐ)事しか考えてないです。

 

勝手な妄想ですが、周りの人なんかは『なんでこいつ目押し出来ないのに勝率高いんだろ?』なんて思ってるかもしれませんね。

 

 

結論:パチスロの勝敗には目押しは必要ない!(でも出来るに越したことはない。)

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

続きを読む≫ 2017/07/22 09:21:22


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

以下、昨年競馬の有料メンバーさんに向けて配信した内容です。

 

メンバーさんは同じ内容でごめんなさい。。。

 

今回のお話はメンタルなので、当時の文章を少し変えて紹介します。
鬼坊やプロフィール

 

パチスロの勝敗はメンタルが決める?

スロットはメンタルとやり方次第で誰でも勝てます。

 

ただし、その『実行』と言うのが一番難しいのです。

 

「分かっちゃいるけどやめられなかった。。」

 

勝ちたいならタラレバは不要です。

 

 

ギャンブルで勝ちたい、副業にしたいと思うなら、

 

我慢と努力無しでは勝ち続ける事は出来ません。

 

『勝ちたい』のか

 

『楽しみたい』のか

 

どちら側にいたいかは勝ちにこだわりたい方ははっきりさせた方が良いと思います。

 

 

以上踏まえまして、私のスロットに対しての頭の中を文章にしてお伝えしたいと思います。
(^O^)

 

 

メンタルについて

 

私がギャンブルをやる上で、一番重要と考えているのがメンタルです。

 

 

自分の持つポテンシャルを発揮する上で、メンタルが一番重要だと考えてます。

 

 

皆さんも経験は無いでしょうか?

 

学生時代など、良く『本番に弱い』人などいましたよね?

 

スロット・競馬などギャンブルも同じで、自分の持つポテンシャルを発揮する上で正常な精神状態(メンタル)を維持出来ていないと、些細な事でいつも通りの行動が取れなくなり、感情に任せた判断で行動するようになります。

 

ようは知識やスキルは備わってても、100%の力を発揮出来ません。

 

鬼坊やプロフィール

 

例として

 

スロットで自分の狙い台が取れたが、設定が入っていないので見切りをつけたい。

 

ただ、隣の人が出してて頭に来て天井まで回してしまった。

 

 

 

高設定が空いている場合のみ打つもりでスロットに行ったが、高設定らしき台が埋まっていた。

 

結局我慢出来ずに出なそうな空き台に座り負けた。

 

 

このような感情や流れに任せた行動を起こさず、自分が事前に決めた予定通りに行動する事をおススメします。

 

そうする事で、もちろん負ける事は必ずありますが、機械的にスケジュール通り、ルール通り動く事で負けを最小限に抑える事も出来ます。

 

 

流れに任せて勝つ場合ももちろんあります。

 

そんな場合でも勝つだけで人間は気分が良い物です。

 

やっかいなのが、『たまたま』で勝っても実力だと錯覚するので学習しないのです。

 

学習しないと言う事は。

 

たまたま勝った→負けた→たまたま勝った→負けた→負けた

 

などなど、なぜ負けたかどこに弱点があるのかを学習しないままのループが続きます。

 

簡単に言うと成長が無い訳です。

 

成長が無いから全てが運や流れ任せになり、

 

安定した収支を出すことが出来ません。

 

 

厳しいことを書きましたが、私自身もかなり自己制御出来るようになって勝率が大幅に上がりましたが、それでも100%自己制御は出来て無いです。
(/_;)

 

 

なぜなら、今まで自分がやってきた事を自己制御する事で変えなければならないので、今まで生きて形成された性格を変えるような物なんですね。

 

今までの自分を自己否定するのと同じですから、そりゃ〜自分の中でも反発心はハンパないっす!(笑)

 

そんなもので、頭で分かってても、人間と言う生き物は10年、20年自分が正しいと思ってやってきた事を変えるには物凄いパワーを必要とします。

 

 

恐らく、仕事でもプライベートでも、何かしら皆さんも経験がおありのはず。

 

会社でも全く違う仕事の仕方をを明日からやれ!と言われたら、業務命令で仕方ないとは思う物の、やはり抵抗はありますよね。

 

気づけばやっぱり今までと同じやり方をしてしまう。

 

分かっちゃいるけどやめられない♪(なんかの歌みたいだな。)

 

自己制御と言う物はそれくらいパワーとエネルギーを必要とするのです。

 

なので、先ずは簡単な事から『継続』して出来るようにしましょう。

 

継続してできる決まりごと一例

1日の投資は2万と決める。

 

→今までは上限が無かった。

 

 

投資金額を使ったら、オカマを掘られる可能性があろうが即ヤメして帰る。

 

→今まではオカマを掘られるのが嫌で気が済むまで打っていた。

 

 

自分の良く知っている機種しか打たない。(空いて無ければ打たずに帰る!!)

 

→今までは狙い台が空いてなければ何も考えずに空いている台を打っていた。

 

 

 

などなど、今までは〜とやっていた自分とサヨナラして、一つずつルールを決めて、実行して、先ずは一つの事を継続して出来るようにしましょう。

 

それで最終的には、『自分のスケジュール通りに立ち回りをして、狙い台が無い時は打たずに帰る。』

 

が出来るようになればベストです。

 

 

そうすることで例え月トータルで負ける時があっても、間違いなく負け額は減ります。

 

負け額が減る=回収率UP

 

ですから、負け額を減らす事は立派な回収率の底上げであり、レベルUPですよ。
(^_-)

 

 

リスクは減らすのでは無く、取る物です。

 

1年で自己制御出来る方もいれば、数か月の方、10年でようやく出来た〜など個人差があり人それぞれです。

 

コツコツと小さな事からやっていきましょう。

 

 

そして、メンタルを正常に保つ事で、自身の実力を100%発揮できるようにしましょう。
(^_^)/

 

鬼坊やプロフィール

 

どうでしょうか?

 

んなの分かってるよ。

 

当たり前のことじゃん。

 

と思う人もいるかもしれませんが、当たり前のことじゃんと思って実行出来てる鉄の意志をお持ちの人は、ギャンブルにかかわらず何かしらで成功してるのでは?

 

 

簡単そうに見えてやってみると物凄く難しく、ハードルが高いと思います。

 

 

ただし、ここのメンタルや自己制御を制するだけで飛躍的に投資金を減らす事が出来き、冷静な第選びや設定判別も出来るようになり、自分の実力も修正しレベルアップ出来るのです。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

これはギャンブルだけでなく、仕事やプライベートにも応用出来ますので、何かで俺は成功したい!人並み以上の結果を得たい!と思っている人は是非意識してやってみてください。

 

メンタルを制するものは人生を制する!です。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/20 20:46:20