京成杯オータムハンデ2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!

京成杯オータムハンデ2020:過去10年のデータを駆使して様々な角度からひも解いていく


競馬データのまとめです。
今回は中山競馬場 芝1600mで行われる、2020年の京成杯オータムハンデキャップのデータを要点を含めてまとめます。

 

過去10年のデータを分析し、人気・枠・騎手を含めて様々な角度から分析していきます。

 

 

日時 2020年9月13日 第4回中山2日目
レース名 第65回京成杯オータムハンデキャップ
条件・グレード 3歳以上オープン (G3)
距離 芝1600メートル

 

 

 

当日人気

京成杯AHの過去10年のデータにおける当日人気別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

過去10年の勝ち馬は1番人気〜4番手人気で9頭と集中しています。
13番人気が1勝しておりますが、馬単や3連単の頭は人気馬から選ぶのが得策と言えます。

 

 

前走着順

京成杯オータムハンデキャップの過去10年のデータにおける前走着順別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

勝ち馬は前走1着が6勝とずば抜けていて、次いで前走2着が2勝、前走10着以下が2勝となっています。

 

これは前走で1、2着を確保したような実力馬は勢いそのままの結果が京成杯AHででも出ています。

 

前走10着以下で勝利している2頭は、いずれも前走11着からの巻き返しで、2016年の勝ち馬ロードクエストはNHKマイル2着からダービー11着と来て、得意のマイルに戻っての巻き返しでした。

 

もう一一頭の11着からの巻き返しは2015年のフラアンジェリコで、休み明けの七夕賞を叩いての勝利でした。

 

この2頭の着順以外の共通点として、着差1秒以内の負けから巻き返したことが挙げられ、大負けはしていなかったこともポイントです。

 

 

前走人気

京成杯オータムハンデの過去10年のデータにおける前走人気別成績です。
鬼坊やプロフィール

 

特徴としては前走1番人気と2番人気で7勝を挙げています。

 

他、前走10番人気以下からは勝ち馬が出ておらず、先に挙げた10着以下からの巻き返しの2頭も、それぞれ9番人気と7番人気からの巻き返しでした。

 

 

前走距離

京成杯AHの過去10年のデータにおける、前走距離別の傾向です。
鬼坊やプロフィール

 

面白い事に、前走京成杯オータムハンデキャップと同じ距離の芝1600mを走った馬からは勝ち馬は過去10年でたった1頭しか出ていません。
その勝率は前走と同じ芝1600mを走った馬は過去10年75頭出走して1頭のみ勝利ですから1%です。

 

他9頭はいずれも今回距離延長か距離短縮となる馬達でした。

 

 

年齢別成績

京成杯オータムハンデの過去10年のデータにおける、年齢別別の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

勝ち馬は3歳馬が2勝、4歳馬が3勝、5歳馬が4勝と勝ち星は5歳馬がトップとなっております。
馬券確率で見ますと、4歳馬が勝率15%・連対率21%・複勝率31%と一番高い数字になっています。

 

6歳以上の高齢馬は1勝のみとななり、苦戦傾向です。

 

 

当日の斤量別成績

京成杯オータムハンデキャップの過去10年のデータにおける、当日の斤量別の傾向です。
鬼坊やプロフィール

 

ハンデ戦らしく、当日の斤量が51・5s〜53sの馬が3勝で勝ち星こそ53・5s〜55sの馬達に劣りますが、馬券確率では勝率13%・連対率27%・複勝率31%とトップになっています。

 

また57・5s以上の重い斤量を背負っていた馬は、連対率18%・複勝率はトップで36%ではありますが、1頭も勝ち馬が出ていない事も見逃せません。

 

 

当日の馬体重の増減

京成杯オータムハンデの過去10年のデータにおける、当日の馬体重の増減による成績です。
鬼坊やプロフィール

 

京成杯AHのレース当日に馬体重の増減がプラス10s以上あった馬からは勝ち馬は出ておらず、馬券対象馬も1頭のみとなっています。
対象自体も少ないので、参考程度に。

 

 

枠別成績

京成杯オータムハンデキャップの過去10年のデータにおける、当日の枠順別による成績です。
鬼坊やプロフィール

 

外枠が不利になりやすい中山芝1600mらしく、7枠と8枠からは勝ち馬は出ておらず、更に7枠の単勝回収率は0%、複勝回収率は48%。
8枠の単勝回収率も0%、複勝回収率は30%と非常に低い回収率になっています。

 

逆に一番活躍しているのは5枠で5勝を挙げており、勝率26%・連対率31%・複勝率36%となっています。

 

 

血統別成績

京成杯AHの過去10年のデータにおける、当日の血統による成績です。

 

勝ち馬はロイヤルチャージャー系が7勝とネイティブダンサー系が3勝で過去10年な勝ち馬全てをこの2系統で占めています。

 

逆にナスルーラ系とニアークティック系からは勝ち馬は出ておらず、特にニアークティック系は過去10年で29頭が参戦し3着が3回のみと大苦戦しています。

 

種牡馬別では馬券対象となる確率ではディープインパクト産駒が1位ですが、連対率40%・複勝率46%の割に勝率6%と1勝しかしておず、あまり勝ち切れていません。

 

 

↓より良い記事を作ります!応援を是非お願いします!↓


最強競馬ブログランキングへ

 

土曜日の紫苑ステークス2020の過去10年のデータのポイントはこちら

 

同日のセントウルステークス2020の過去10年のデータのポイントはこちら

 

 

 

関連ページ

札幌記念2021:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
札幌記念の過去10年におけるデータを分析し、2021年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
北九州記念2021:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
北九州記念の過去10年におけるデータを分析し、2021年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
新潟2歳ステークス2021:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
新潟2歳ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2021年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
キーンランドカップ:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
キーンランドカップの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
札幌2歳ステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
札幌2歳ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
小倉2歳ステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
小倉2歳ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
新潟記念2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
新潟記念2020の過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
紫苑ステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
紫苑ステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
セントウルステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
セントウルステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
ローズステークス2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
ローズSの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
セントライト記念2020:過去10年のデータを分析して激走馬を見抜け!
セントライト記念の過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
オールカマー2020:過去10年のデータを分析し激走馬を見抜け!
オールカマーの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
神戸新聞杯2020:過去10年のデータを分析し激走馬を見抜け!
神戸新聞杯の過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。
シリウスステークス2020:過去10年のデータを分析し激走馬を見抜け!
シリウスステークスの過去10年におけるデータを分析し、2020年の勝ち馬と激走馬を紐解いていきます。 データベースを上手く活用し1〜3人気と穴人気を分けて分析する事で、人気で信頼できる馬と穴馬となる馬を見抜きます。