中央競馬予想【複の神】指数、時系列、リプレイで競馬に勝つ

複の神中央競馬予想

鬼坊やプロフィール

 

 

 

 

 

どうも、鬼坊やと言います。

 

このサイトでは、あなたの週末の競馬ライフを充実させるための予想や、もしかしたら目からウロコとなるであろう私の競馬予想手法の一部を無料公開。

 

一番は皆さんも競馬予想が難しく、どこか無料で当たる情報を提供してくれるブログやサイトはないだろうか?

 

そんな想いもあり、当ブログをご覧になっている方も多々いらっしゃると思います。

 

 

簡単に自己紹介させてください。

 

 

私は昔、競馬で負け組でした

 

しかし今は競馬では5%と言われる勝ち組の中の一人です。

 

もともと負け組みの『ただの馬券研究好き』だった私が、なぜ勝ち組になることが出来たのか?

 

大きくは3つ。

 

  • どんな時でも前向きで、負け続けても前に進めるメンタルを持っていた。
  • 協力してくれるメンター(ブログ仲間)がいた。
  • 鉄の意志(メンタル)とメンターの指導により予想に必要な情報を整理でき、努力の方向性を修正出来た。

 

こちらの三つを手に入れたことにより予想の精度が飛躍的に向上して、年間100%〜130%(年によりバラつきはあります)の回収率を出せるようになりました。

 

 

これらは皆さんが思っている以上にとても大事(ギャンブル以外での仕事などでも大事ですが)なことなので、別の記事で詳しく解説していくことにします。

 

 

さて、当サイトのコンテンツは以下の内容で随時更新していきます。

無料中央競馬予想(軸馬・三連複予想)

関東・裏開催後半全レースの複の神指数(有料・無料)

有料中央競馬予想の案内

予想ファクターの解説

有料予想向けで配信したMY注目馬の狙い方解説

鬼坊や的パチスロ講座

 

 

 

 

このサイトの出会いを通じて、あなたへの気づきや人生を変えるきっかけになればと思います。

 

 

 

↓より良い予想提供のため応援お願いします!↓


最強競馬ブログランキングへ


中央競馬ランキング

 

 

 

⇒鬼坊やへ問い合わせ・お手紙はコチラ

 

 

 

 

 

鬼坊やプロフィール

フラワーカップ 過去データから傾向を知りたい人

フラワーカップの過去のデータから傾向が知りたい。
牝馬限定戦で桜花賞トライアルとは違うけど、中山牝馬ステークスみたいに荒れるのかな?
データからレース全体の傾向、勝ち馬の傾向を把握して馬券的中に結び付けたいな。

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

記事の内容

・フラワーカップの過去のデータ

 

・荒れる?荒れない?フラワーカップの配当的傾向

 

 

 

 

 

フラワーカップの過去のデータ

 

結論から言うとフラワーカップの人気馬の信頼度はまずまずです。
無理な穴狙いは禁物ですが、では人気馬と穴馬でどのような馬が馬券になっているかを過去のデータから見ていきましょう。

 

フラワーカップの人気馬の信頼度

鬼坊やプロフィール

 

上の画像は過去のフラワーカップの1番人気から3番人気の着順と勝率・連対率・複勝率の過去データになります。

 

前週に同じ中山競馬場 芝1800メートルで行われる、中山牝馬ステークスと比べると、人気馬の回収率は倍程度あり、
全体の平均値よりも高いので人気馬の信頼度は高く、無理な穴狙いは禁物に思います。

 

フラワーカップで馬券になる人気馬は?

では、フラワーカップではどんな人気馬なら馬券になるのか、またはどんな人気馬が信頼出来ないのか?を見ていきましょう。

 

フラワーカップ1〜3人気馬の前走着順別傾向

鬼坊やプロフィール

 

前走着順の過去データで多少傾向が出ています。
まず、前走5着以下の今回1〜3人気馬は馬券対象外に敗れています。

 

逆に注目すべきは前走1着組。
勝率41% 連対率66% 複勝率79%と人気とは言え脅威の数字。
回収率も単勝124%、複勝120%と前走1着だった人気馬を買うだけで儲かってしまう計算になります。

 

更に前走1着を深堀してみます。

 

鬼坊やプロフィール

 

すると、前走1着の今回1番人気は勝率54%、連対率90% 複勝率100%となんとこのパターンは全頭が馬券になっております。
やはり回収率も単勝が120%、複勝が130%ともちろんプラスに。

 

まとめると、
フラワーカップでは前走1着の1〜3人気は馬券になる確率が高い。前走1着で今回1番人気は鉄板になる。

 

 

1〜3人気の前走着差による傾向

鬼坊やプロフィール

 

前走着差ではどうか?
前走勝ちは先の1着のデータと同じですので、どれも当然ながら良い数字になっています。

 

フラワーカップで前走敗退組で0.6秒差負け以上は馬券になっておりません。
母数が少ないのでこの過去データは参考程度にとらえておくと良いでしょう。

 

1〜3人気の前走の位置取り

鬼坊やプロフィール

 

ここは簡単に過の去データを。
フラワーカップの今回1〜3人気に支持された馬で、前走1〜4角いずれかに13番手以下だった馬は馬券になっていません。
無理な追い込みは相当な実力差が無いと決まりませんので、注意しましょう。

 

1〜3人気のキャリア別成績

鬼坊やプロフィール

 

フラワーカップの人気馬のキャリア別成績です。
5戦までは勝ち馬が出てますが、6戦以上は勝ち馬が出ていません。
キャリアが多い馬は勝ちきれない傾向にあるようです。

 

 

 

過去のデータから見るフラワーカップの人気薄の成績は?

 

鬼坊やプロフィール

 

人気馬に続いて人気薄の傾向を見ていきます。

 

中山牝馬ステークスとは真逆でフラワーカップでは人気薄の成績が悪いです。

 

勝率などは人気薄全頭混じっているとは言え、約2%程度しかありませんから、フラワーカップで1着になる馬を探すと言うより、過去のデータから2・3着になる可能性のある穴馬を探すと言う感じでしょうか。

 

 

 

フラワーカップで馬券になる人気薄は?穴馬の傾向は?

では、フラワーカップで馬券になる人気薄・穴馬の傾向を過去のデータから紐解いていきましょう。

 

人気薄の前走場所別成績

鬼坊やプロフィール

 

人気薄では東高西低の傾向あり、頭数が多い事もありますが関西馬が苦戦傾向です。

 

 

人気薄の前走使った距離別の成績

鬼坊やプロフィール

 

人気薄・穴馬の前走使った距離別の傾向です。

 

面白い事に、フラワーカップと傾向が似ていて、過去のデータで前走同距離(芝1800メートルを使った)からは勝ち馬が出ておらず、馬券になっている馬もわずかです。

 

また、今回距離延長で馬券になっているのは、前走芝1600メートル組で、芝1400メートル以下は0.0.2.15と苦戦傾向です。

 

 

人気薄・穴馬の前走位置取り別の成績

鬼坊やプロフィール

 

前走1角1番手だった人気薄は3着が1回だけと苦戦傾向です。

 

鬼坊やプロフィール

 

同じく、1角10番手以下の馬からは勝ち馬は出ていません。

 

 

鬼坊やプロフィール

 

また、4角2番手以内の馬も勝ち馬は出ておらずやや苦戦傾向ですので、参考程度に覚えておくといいでしょう。

 

 

 

 

荒れる?荒れないフラワーカップの配当的傾向

 

過去のデータから、フラワーカップでは基本的には人気馬から入るのが良さそうですが、
各券種の平均配当を見ていきましょう。

 

馬連 2601円
三連複 9837円
三連単 44099円

 

馬連は1000円以上、5000円以下で約90%を占めており、ガチガチで決まると言う事は無さそうです。

 

鬼坊やプロフィール

 

三連複は5000円以下が28%ですが、5000円以上と1万円以上の配当が共に35%になっています。
フラワーカップの三連系は上位人気が来ても、そこそこヒモ荒れは起きるレースと言えるでしょう。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

まとめると

・フラワーカップは基本的に上位人気いずれかが勝つ可能性が高いレース

 

・前走1着の1番人気にはフラワーカップでは逆らうな!

 

・フラワーカップを三連系で勝負する場合、ヒモ荒れ狙いは有効である。

 

 

特に、前走1着の今回1番人気が出てきたら鉄板ですので、見逃さないようにチェックしましょう。

 

 

 

 

 

鬼坊やプロフィール

中山牝馬ステークス 過去データから傾向を知りたい人

中山牝馬ステークスの過去のデータから傾向が知りたい。
牝馬限定のハンデ戦だけど、やっぱり荒れてるのかな?
データからレース全体の傾向、勝ち馬の傾向を把握して馬券的中に結び付けたいな。

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

記事の内容

・中山牝馬ステークスの過去のデータ

 

・荒れる?荒れない?中山牝馬ステークスの配当的傾向

 

 

 

毎年3月の荒れる牝馬限定のハンデ戦で行われる名物重賞である中山牝馬ステークス。
私も配当的に荒れるレースである印象が強いですが、実際の所はどうなんでしょうか?
過去のデータから紐解いていきましょう。

 

 

中山牝馬ステークスの過去のデータ

 

『中山牝馬ステークス=人気馬の信頼度低い』です。

 

中山牝馬ステークスの人気馬の信頼度

鬼坊やプロフィール

 

上の画像は過去の中山牝馬ステークスの1番人気から3番人気の着順と勝率・連対率・複勝率のデータになります。

 

パッと見て思う事は、中山牝馬ステークスでの人気馬の極端なまでの信頼度の低さ。。

 

通常、1番人気から3番人気で過去のデータを抽出した場合、70%前後の回収率があります。

 

また、10年以上の蓄積データにも関わらず、出走馬全体で見た場合は1着が2回で勝率が6%。

 

レースの回数から人気馬が勝った回数を割った場合には、過去11年で2回1番人気から3番人気が勝っていますので、
勝率は18%になります。

 

つまり、5回に1回以下でしか中山牝馬ステークスでは人気馬は勝てない事になります。

 

中山牝馬ステークスで馬券になる人気馬は?

では、どんな人気馬なら馬券になるのか、またはどんな人気馬が信頼出来ないのか?

 

1〜3人気のレース間隔別評価

鬼坊やプロフィール

 

先ずは過去のデータからレース間隔の傾向。

 

中山牝馬ステークスの人気馬は中5週〜25週の間のみ馬券になっております。

 

しかし、人気馬は昨年より間隔を空けて使ってくる実力馬が多いので、ほとんどが5週〜25週となる為、あまり気にする必要はないでしょう。

 

 

1〜3人気の前走距離傾向

鬼坊やプロフィール

 

前走人気や着順にあまり偏った傾向はありませんでした。

 

前走距離に少し偏りが見られます。
・前走芝1800は馬券になっていない。
・今回延長組から勝ち馬が出ていない。

 

ただし、延長となる組より、短縮となる組の方が出走頭数は多いので参考程度に見ておきましょう。

 

 

1〜3人気の前走の位置取り

鬼坊やプロフィール
ここは中々に偏りが出ているかなと思います。

 

前走の1角で4番手以内で競馬をしていた今回の人気馬から勝ち馬は出ていません。

 

 

 

鬼坊やプロフィール
同じく、前走1角で7番手以下で競馬をしていた今回人気馬も中山牝馬ステークスでは勝ち馬は出ていません。

 

 

では4角では?
鬼坊やプロフィール

 

鬼坊やプロフィール

 

1角と比べて、4角3番手以内までにいた馬は相変わらず1着はありませんでした。

 

後方待機組は、1角と同じく7番手以下にいた馬からは勝ち馬は出ていませんでした。

 

これにより、今回の中山牝馬ステークスで1番人気から3番人気に指示される可能性がある馬で勝つ可能性がある位置取りは好位から中団【4番手〜7番手以内】で前走競馬をした組が望ましいと言う事になります。

 

 

1〜3人気の今回の枠番別傾向

鬼坊やプロフィール

 

参考程度ではありますが、中山牝馬ステークスの今回1〜3人気に支持された馬達の過去データの枠番別成績です。

 

勝ち馬は2枠と3枠から1頭ずつ。

 

4枠で2着が2回。

 

しかし6〜8枠でも各1回ずつ2着はあり、内枠の方が中山芝1800メートルと言うコースでのコーナーロスと、前に馬を置いて壁にしやすい事を考えると馬券になりやすいのだと思います。

 

 

1〜3人気の今回の斤量別傾向

鬼坊やプロフィール

 

上は今回の中山牝馬ステークスで1〜3人気に支持された馬の斤量別の成績になります。

 

単純には55.5キロ以上を背負った馬からは勝ち馬は出ておらず、しかし複勝率は一番高いので参考程度にみておきましょう。

 

 

中山牝馬ステークスの人気薄の信頼度

 

鬼坊やプロフィール

 

人気馬に続いて中山牝馬ステークスでの人気薄の傾向を過去のデータから見ていきます。

 

あれ?こっちが人気馬だっけ?と勘違いしてしまうほど、中山牝馬ステークスでは抜群に人気薄の成績が良いです。

 

先の人気馬の回収率が30%いってませんでしたから、人気薄は倍以上人気に比べて人気薄の方が回収率が高い事になります。

 

では勝率は?

 

勝率も人気馬が6.1%に対して、人気薄は6.6%でほぼ同等、むしろ人気薄の方が高いです。

 

更に、人気馬が1〜3人気でのデータなのに対して、人気薄は4番人気以下を全て含んでますから、通常数字的には人気薄の方がトータルデータでは不利になります。

 

以上のことから、いかに中山牝馬ステークスが人気薄の活躍が目立つかが分かると思います。

 

 

中山牝馬ステークスで馬券になる人気薄は?穴馬の傾向は?

では、人気馬と同じように、中山牝馬ステークスで馬券になる人気薄・穴馬の傾向を紐解いていきましょう。

 

人気薄・穴馬のレース間隔別評価

鬼坊やプロフィール

 

レース間隔による人気薄・穴馬の好走・凡走傾向ですが、まず言えるのは人気馬と同じように5週〜25週のレース間隔に勝ち馬が集中していること。

 

もう一つは10週以上の休み明けを除き明け2戦では4回勝っていますが、それ以外は明け6戦以上で1回1着があるだけ。

 

以上のことから、レース間隔が短い、使い詰めの馬は苦戦傾向と言えます。

 

これはハンデ重賞なだけに、フレッシュさを保ちながらハンデを生かそうと中山牝馬ステークスを目標にする陣営が多いからなのではないでしょうか。

 

 

人気薄・穴馬の前走使った距離別の成績

鬼坊やプロフィール

 

過去のデータより人気薄・穴馬の前走使った距離別の傾向です。

 

大きな傾向はないのですが、同距離からは人気馬と同じく勝ち馬が出てません。

 

なぜなのか?と深堀りをしてみると、大体の馬の前走が条件戦でした。

 

つまり、条件戦を勝ち上がって今回の重賞挑戦。

 

そして今回メンバーの強化により実力不足での敗戦がほとんどだと考えます。

 

人気馬も人気薄も、前走条件戦勝ち上がりの評価は慎重にした方が良さそうです。

 

 

 

人気薄・穴馬の今回の斤量別の成績

鬼坊やプロフィール

 

人気薄の今回斤量別の成績です。

 

重い斤量を背負ったから勝てないと言うよりは、むしろ今回51キロ以下の斤量が軽い馬たちの方が凡走傾向にあります。

 

軽ければ軽いほどと言うより斤量が軽いので実力が均一になると言うよりは、実力の無い馬は数キロ程度のハンデでは変わらないんだと思います。

 

 

人気薄・穴馬の年齢別の成績

鬼坊やプロフィール

 

年齢別の人気薄の好走傾向を見てみますと、まず7歳以上の高齢が苦戦傾向です。

 

次に以外にも4歳より5.6歳の成績が良く。

 

頭数は5.6歳が多いにも関わらず4歳の方が苦戦傾向です。

 

 

人気薄・穴馬の当日人気別の成績

鬼坊やプロフィール

 

人気薄データの最後に、当日人気別の傾向です。

 

これを見ると分かりやすいのですが、1着は4〜6人気にほとんど集約されていて、他は8人気が1回のみ。

 

ですので10人気以下からなどの無理な頭狙いはデータ的には難しいと言えるでしょう。

 

 

荒れる?荒れない?中山牝馬ステークスの配当的傾向

 

人気馬がダメ。

 

人気薄が好走傾向にあると言う事で、中山牝馬ステークスは典型的な穴馬が活躍する荒れるレースになります。

 

鬼坊やプロフィール

 

馬連の平均配当は約6800円。

 

出現率が多いのは2000円代で36%。

 

次いで馬連万馬券が27%。。(-_-;)

 

 

では、三連系だとどうなるのか?

 

鬼坊やプロフィール

 

中山牝馬ステークスの三連複の平均配当は、44823円。

 

三連複1万円以上〜5万円以下の配当が54.5%

 

中山牝馬ステークスでは三連複の半分以上が万馬券になります。

 

逆に50倍以下が9%と1割にも満たない状況です。

 

戦略的に、50倍以下の配当をカットして三連複を購入するのもいいかもしれませんね。
(o^―^o)

 

最後に3連単です。

 

鬼坊やプロフィール

 

中山牝馬ステークスの3連単の平均配当は247179円です。

 

ちょっと以外だったのは、10万以上の配当は50%程度で約半分あるのですが、5万円いかの配当で4割を占めていること。

 

人気馬の頭が少ないので、もっと跳ねていると想像してましたが、これは4〜6人気の1着がほとんどを占めている事で中途半端な配当に偏りが出ているんだと思います。

 

ほとんどが人気馬か4人気による物だと思いますが。

 

 

まとめると

・中山牝馬ステークスは馬連でも50倍以上が狙えて、三連系だと、三連複でも基本万馬券と言う荒れるレース

 

・中山牝馬ステークスの1着で人気薄で活躍をするのは4番人気から6番んが大半である

 

 

今年も穴馬を見極めてしっかりとオイシイ配当をGETしたいですね!

 

余談ですが仮に、中山牝馬ステークスで毎回4番人気から6番人気馬の単勝を3点買い続けていたら、恐らくプラスになっているのではないでしょうか?

 

多分。。競馬にタラレバは厳禁ですが(-_-;)

 

また、4番人気から6番人気を全て買うのではなく、経験則やデータでフィルターを掛けて1点〜2点に絞ることで、回収率の底上げも可能なんじゃないかと思います。

 

当然絞ることで不的中のリスクも高まりますけどね。

 

こんな買い方のように、単勝は1点で買わなければいけないなんて決まりはないですし、ちょっと視点を変えてみたり視野を広げる事で、今まで見えなかった世界が見える事が多々ありますよ。
(^▽^)/

 

余談ですが。
(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

鬼坊やです。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

 

 

戸崎圭太騎手にスポットを当てた記事になります。
SNSなどを見てますと、下手とか不調とかコメントする型もおり、好き嫌いが分かれる騎手のような気がしてますが、個人的には関東の騎手で一番買いやすいです。

 

結局の所は戸崎騎手は関東ではトップジョッキーですし、2018年9月現在の成績も全国リーディング3位です。
まぁ下手な訳はありません。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

そんな毎年リーディング上位の常連である戸崎騎手は、更にポイントを絞って、条件がそろった時に軸馬として戸崎騎手騎乗の馬を選択することで、勝負しやすくなります。

 

では、どんな時に勝負するのが有効なのか?

 

戸崎騎手は、ある調教師と組んだ時に回収率が跳ね上がります。
今回は戸崎騎手の成績から見えてくる、私の予想の引き出しの一つを記事にしようと思います。

 

⇒オールカマー2018の前予想はコチラ!
⇒神戸新聞杯2108の前予想はコチラ!
⇒九十九里特別2018の前予想はコチラ!

 

 

 

 

戸崎騎手と◎◎調教師のラインを狙え!

戸崎騎手の成績を分析することで、様々な得意、不得意が見えてきますが、今回は戸崎騎手とある調教師がコンビを組んだ時の成績にスポットを当てていきます。

 

 

まず、下の画像が戸崎騎手の2018年9月22日から過去2年間の成績です。
鬼坊やプロフィール

 

当然ながら、回収率で見ますと、単勝回収率68%、複勝回収率73%と単純に戸崎騎手を買い続けても儲かりません。
(´;д;`)

 

 

そこで戸崎騎手が勝ち鞍を積み重ねている調教師を調べてみます。

 

画像はデータをいじる前の戸崎騎手が勝ち鞍を重ねている調教師の順位です。

 

鬼坊やプロフィール

 

上位のほとんどは戸崎騎手自体、関東の所属ジョッキーですので、関東の調教師が並んでますが、ただ一人関西の藤原調教師がいるのが分かると思います。

 

戸崎騎手−藤原調教師のラインはそのまま買い続けてると、
単勝回収率が90% 複勝回収率が95%

 

儲けは出ませんが、プラスに等しいくらいの好成績(好期待値)です。
これだけでも使えるきはしてきますよね。

 

しかし今回の目的は戸崎騎手のプラスになるデータを導き出すことが目的ですので、
ここから条件を絞り込んでいきます。

 

 

戸崎騎手−藤原調教師の成績から絞り込む条件

 

鬼坊やプロフィール

 

馬柱と、今回の条件やオッズを使って、以下のマイナスポイントが無いかチェックしていきます。

 

前走など馬柱から探ること(消し条件)

前走10着以下
前走0.0〜0.2差勝ち
前走1.0秒以上負け
前走の斤量が53キロ以下
キャリア11戦以上

 

上記に該当する場合は消しです。
馬券のヒモにはしても軸馬にはしません。

 

 

更に以下の条件から絞込みます。

 

今回の条件と人気から探ること(消し条件)

今回単勝・複勝1−7人気に該当しない。
今回京都、阪神、札幌である

 

こちらは表現によっては間違えて受けとられそうなので補足しますと、
ポイント1は8人気以下は消しと言うことです。

 

ポイント2は東京、中山、新潟、中京、小倉以外の競馬場で戸崎騎手−藤原調教師のコンビが見られても消しと言うことです。

 

余談ですが、エポカドーロのようなG1クラスの馬は度外視して考えて良いと思います。

 

 

これらの合計7つの消し条件をクリアしたデータがどうなるかと言うと。

 

鬼坊やプロフィール

 

こうなります(笑)

 

条件をクリアした馬を単純に全て単複を購入した場合、
勝率46.4%
連対率78.6%
複勝率82.1%

 

単勝回収率197%
複勝回収率145%

 

驚きの数字なります。
(*^─^*)

 

 

人気別に見ても

 

鬼坊やプロフィール

 

あら、1人気でも儲かっちゃう(笑)

 

複勝率92%で当たる楽しみと、儲けが一緒にやってきます♪

 

 

また競馬場ごとに見た場合

 

鬼坊やプロフィール

 

東京競馬場の成績だと

 

勝率46.7%
連対率93.3%
複勝率93.3%

 

単勝回収率165%
複勝回収率156%

 

全体に対して単回収は落ちますが、単複の期待値の高い鉄板軸馬の完成となります。

 

ちなみに、このデータはエポカドーロが活躍する前から気づいてまして、私のメンバーさんなんかは良く軸馬にするから分かると思いますが、何年も前から有効です。

 

この数字がエージェントによる勝負馬を集めた結果かは知りませんが、私にとってエージェントなんかはどうでも良くて。
結果儲かるデータを見つけて馬券を買って再現できれば良い。
と言うわけです。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

世の中にはこんなデータがゴロゴロしてます。

 

注意点として
このように『人を使うデータは永久的に有効ではない』と言うことです。

 

もちろん、人間関係が変われば会社でもなんでも人事やひいきに影響しますよね?

 

ですので、『人にスポットを当てた』データで馬券を勝負する場合、ある程度のスパンでデータを更新して、数字が安定的にチェックすることが大事です。

 

 

そして現代では、外人騎手の台頭により、有力馬が外人に集まりやすくなっておりますが、逆に考えると、外人に票が集まることで、他の外人を絡めないデータの期待値が上がってたりします。

 

 

他人と同じ視点より、真逆の視点でデータを見ることで、たくさんのお宝データに会えるかもしれません。

 

では!
(*^─^*)ニコッ

 

↓ランキング参戦中です!参考になりましたら、より良い予想提供のため応援クリックお願いします!↓


最強競馬ブログランキングへ

 

 

「競馬で勝ちたい!でも、何をどうすれば競馬で勝てるようになるのかが分からない」そんな本気で競馬勝利者を目指しているあなたに贈る、競馬で勝つための最短経路 【Be Winning Horseplayer】

 

 

 

 

 

 

鬼坊やです。

 

鬼坊やプロフィール

 

 


中央競馬ランキング

 

 

今回は今週使える中山2歳 芝コースのレースでの未勝利鉄板軸馬の話です。
とある三つの条件を調べるだけで、その馬が鉄板軸馬かどうか分かります。

 

 

大前提として
・中山芝コースの2歳未勝利戦の1番人気の馬
に限った戦略になります。

 

 

⇒スプリンターズステークス2018の前予想はコチラ!

⇒シリウスステークス2018の前予想はコチラ!

 

 

 

 

鉄板軸馬を見抜くための簡単な消し条件3か条

 

※注意点として中山 2歳芝コースでの未勝利限定です。
更に1番人気であることが条件です。

 

条件1:今回馬番が14番から外の場合は消し
条件2:前回と今回で出走する距離が違う場合は消し
条件3:⇒ランキングサイトにて発表
最強競馬ブログランキングへ

 

上記に該当する場合は消しです。

 

これらの条件をクリアした馬は。

 

勝率72.7%
連対率81.8%
複勝率90.9%

 

単勝回収率173%
複勝回収率113%

 

 

上記のような超鉄板軸馬になります。

 

 

ただし出現率が低いので、ハードルを下げてポイント2の条件を削除し、
ポイント1.3のみに該当しない場合は消しとした場合でも。

 

 

勝率57.1%
連対率71.4%
複勝率81%

 

単勝回収率137%
複勝回収率100%

 

とほぼほぼ鉄板軸馬にはなります。

 

ご参考まで!
(*^─^*)

 

いつも応援クリックありがとうございます


最強競馬ブログランキングへ


中央競馬ランキング

 

 

「競馬で勝ちたい!でも、何をどうすれば競馬で勝てるようになるのかが分からない」そんな本気で競馬勝利者を目指しているあなたに贈る、競馬で勝つための最短経路 【Be Winning Horseplayer】

 

 

 

 

 


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんばんは! 鬼坊やです。
ヾ(´∀`)ノ

 

今回はパチスロで高設定を掴む為のスランプグラフの読み方を解説していきます。

 

競馬で言うレース選択・軸馬選択の部分にあたり、ここをミスると事故でも起こさない限り低設定を高設定と錯覚(勘違い)して打ち続けることになるので私の中では非常に大事な作業の一つになります。

 

 

スランプグラフに着目することになったきっかけ

スランプグラフに着目することになったのは、何年前だろ?

 

4号機の初代北斗の時でした。
鬼坊やプロフィール

 

機械割りの高さと爆発力が好きで良く打ったし、大いに稼がせてもらった機種なのですが、出玉のグラフを眺めていたらある事に気づきました。

 

 

『出る台も出てない台も似たようなグラフになってね〜か?』

 

 

当時から携帯での出玉グラフを提供している店だったので、パチンコ屋にいないときは携帯でグラフを眺めて、パチンコ屋へいったら台のデータを直接みてました。
特にメダルを多く持って帰ったパチスロ台を良く見てました。

 

そうすると、出ているパチスロ台が結構な確率で似たようなグラフを刻む事に気づいたんです。

 

 

 

『これもしかしてつかえるんじゃね〜か?』

 

 

 

そう思った自分は出ている台のグラフを研究し始めました。

 

研究したと言っても、スランプグラフの写真撮影して研究していたわけでなく、出ているパチスロ台のスランプグラフを頭にインプットしていた感じです。

 

そこで気づいたこと。

右肩上がりのグラフになっている

ハマリが先ず無い

ハマっていても低い天井があるように一日の最大ハマりが少ない回転数で当たる

ハマリ回数も一日一回(多くて二回程度)

 

 

 

この時点で低設定の事故でも右肩上がりになるだろ?と思う方もいるかと思いますが、最初に答えを言うと単純に右肩上がりの台を狙っているのではなくここで言う右肩上がりのスランプグラフとは、、複数回に分けて上へ上る階段のようなグラフを描いている台を指してます。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

一つ一つ解説していきましょう。

 

 

パチスロ台は右肩上がりのグラフを狙う

まず大前提として右肩上がりのスランプグラフのパチスロ台を狙います。

 

ここで注意すべき点は主に2つ。

極力、階段のように何回かに分けて出ているパチスロ台を選ぶ。
一撃で出していないパチスロ台を選ぶ。

 

 

極力階段のように何回かに分けて出している台を選ぶのは、ポイント2ともリンクしますが、リスク回避のためです。

 

一撃で出している台を選ぶことで、リスクが増してしまいます。

 

  • フリーズなどの恩恵でたまたま大量獲得をした。
  • たまたま継続率の高いATやARTに当たった。

 

このようにパチスロは『たまたまの事故』でも一撃で大量獲得をすることがあり、そのようなたまたま出た可能性がある台はリスク回避のため狙わないようにします。

 

私が求めているのは高設定の安定性であり、ラッキーパンチは求めてないからです。

 

高設定でももちろん一撃で出ることはありますが、私は出るという確信に限りなく近づきたいので、一撃で出た台はスルーします。
鬼坊やプロフィール

 

階段のような右肩上がりのグラフを狙うのは、高設定は基本的にどのパチスロ台も初当たりが軽い場合が多く、少ない投資や少ないハマリでプラスを積み重ねていくケースが多いです。

 

それも長い時間を打てば打つほど、階段のような右肩上がりのスランプグラフになる傾向が強くなっていくので、まずそのような台を自分の得意機種を中心に数台目星を付けることから始めます。

 

 

 

ハマリが先ず無いパチスロ台を極力狙う

ハマリが少ないパチスロ台を狙うのは、先に書いた高設定は少ない回転数で出玉を開放していきます。

 

ここで言うハマリは台によって違うと思いますが、ざっくり500回転くらいを超える場合でしょうか。

 

基本的にパチスロ台は高設定であればあるほど、初当たり確率が軽くなるようにプログラムされていますから、ハマが極力少ない台を探すのは当然のことだと思います。

 

ハマリが少ない高設定は、天井へ行く確率が極めて低い上に、ハマる可能性自体も少なくなりますので天井近くまで行っているような台も疑ってかかります。

 

更に一々計算してないので数字では表せなく感覚で恐縮ですが、ハマリ自体を高設定が喰らっても一日に3回も4回もハマリに合うこと自体天文学的確率になります。

 

これらを警戒しながら目星を付けたパチスロ台の中からリスクを取り除いていきます。

 

グラフ上のハマリの確認内容確認は台の大当たり履歴や携帯データを見れる店は他人が打っている台も見れるので携帯データを使うのも便利です。

 

 

こんな感じで台のスランプグラフで目星をつけて、大当たり履歴やハマリ具合から狙い台を絞っていくのが最初のステップになります。

 

 

鬼坊やプロフィール

 

もちろん、スランプグラフだけでパチスロを打つ訳でなく、スランプグラフで狙い台を絞り込み、その他にも幾つかの情報でチェックを入れてリスクを取りながら高設定に目星をつけていき確信へ迫っていきます。

 

今度はスランプグラフを見ながら、幾つかのパターンや応用なども紹介しますね。

 

 

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

第2回ということで、今回は高設定のつかみかたにメスを入れて解説していきます。

 

鬼坊やプロフィール

 

高設定とは機械割りが100%を超える設定(設定4〜6)を指します。

 

機械割りが100%を超えると言うことは、理論上は打てば打つほどにプラスになります。

 

もちろん、波だったり、打ち始めた時間が遅すぎると投資のままで終わってしまう場合もありますがね。

 

ハイスペックな機種(主にユニバのゴッドやバジリスク)などは勝率が95%近くもあります。

 

では、そんな打てば楽しめてお金になる高設定を掴むにはどうしたらいいんでしょうか?

 

私の場合はスタート時間とスタートの台データの調査に特に力を入れてます。

 

 

高設定を狙い撃つ前にすること

高設定を探るのに、以下の順番で作業をしてます。

 

なぜなら、私のやり方の場合、打つまでの下調べで得た情報で勝負するかしないかをほとんど決めてしまうので、店に入ってするデータ確認でほとんど勝負が決まってしまいます。

 

鬼坊やプロフィール

 

  1. 必ず午後(夕方)からパチスロを打つ
  2. スロットのスランプグラフを見る(事前に携帯で下調べする場合もあり)
  3. スロット初当たり(AT、ART、BIG)を見る
  4. パチスロを打ちながら判別要素や出玉や反応を確かめる

 

では、これらをどのように作業していくのかに落とし込んでみましょう。

 

 

必ず午後からパチスロを打つ

 

鬼坊やプロフィール

 

ここもポイントなんですが、パチスロを打つ場合は必ず午後から打ちます。

 

理由は単純明快。

 

昼間は別の仕事をしているのでパチスロを打つことが出来ないことと、夕方以降のほうがすでに誰かが回していてパチスロ台のデータが蓄積されているからです。

 

データが蓄積されているので、0回転の台を朝一から打つよりも、データを軽く目視するだけで設定判別に必要なデータを見ることが出来ます。

 

朝一から設定変更までを判別していってと言うやり方ではなく、極力投資を減らすことと、判断スピードをあげることに特化した戦略を取っています。

 

なもんで台データが無いうちは打ちません。

 

 

スランプグラフと初当たり履歴などのデータが見れる店で打つ

 

夕方から打つ戦略を取ってもその肝心なデータが見れなければ判別出来ないので意味がないです。

 

なので、必ずデータが見れる店で打つようにしてます。

 

私が見てる必要なデータは。

  • スランプグラフ
  • 大当たり履歴
  • 携帯電話で見れるデータ(あれば)

 

スランプグラフはかなり重要視してます。

 

鬼坊やプロフィール

 

場合によってはスランプグラフ見て確信して打つこともあるほどデータでは一番注目してみてます。

 

このスランプグラフが気に入らない場合は打ちません。

 

 

大当たり履歴は初当たり確率と、どの程度まではまっているかを履歴から簡単に確認します。

 

鬼坊やプロフィール

 

主には高設定を狙っているので確率の何倍ハマリくらいを経験してるかと、当たりが軽いかどうかをチェックしてます。

 

当たりの軽い重いはもちろん機種によってさまざまなので、その機種の一般的な感覚からするとどうなのか?と言うことを感覚的に見てる感じです。

 

 

携帯電話で見れるデータをアプリやサイトで提供しているお店もありますので、携帯データを提供しているお店に良く場合は合間に狙い台を事前に絞り込めると言うメリットがあるので、事前に狙いを絞った上でホールに向かいます。
鬼坊やプロフィール

 

 

スロット初当たり(AT、ART、BIG)を見る

 

先の履歴と若干話がかぶりますが、履歴を見てART、AT、BIG確率などを探ります。

 

ジャグラーなどは初当たり重視で見ますが、バジリスク絆などは過去30回のBCとBTの履歴を見てBCを大体何回スルーくらいでBTに突入させているかを軽くみる感じです。

 

これだけで判断することはないですね。

 

あくまでスランプグラフありきで、そこで良いと思えた場合のみ、この初当たり確認などのステップにいきます。

 

 

 

パチスロを打ちながら判別要素や出玉や反応を確かめる

 

ここまでのステップでほとんど確信を持って打ち始めているんですけど、最後の最後で初めて雑誌やネットなどの情報を参考に頭に入れた巷に溢れている設定判別要素を気にしながら打っていきます。

 

絆で言うと、弱チェの落ち方はどんなもんか?
BT後のモード移行率は悪くないか?
BT1セット目のストック率は高いか?

 

鬼坊やプロフィール

 

など高設定の挙動をここで初めて確認しながら打ちます。

 

普段、朝一から打つ人が気にしながら打つ作業を台を決めた後に始めるのですが、スランプグラフなど台をデータを見て決めた時点で8割程度は高設定だと思って打っているので、ここでの作業は最後に勘違いをしていないか?を見る確認作業になります。

 

当然、同等の台AとBがあり、私がAを選択した場合Bの挙動はどうか?など周りの挙動は多少気にしながら打ちます。

 

この理由として、基本普通の店は設定6なんてあまり入れないので優良店で設定を使う店だったとしても、同じシマに2台も3台も高設定を使うことはまずないと考えているからです。

 

店は客に遊んでもらいながら儲けを出さないと成り立ちませんから、基本的にシマ全体で回収出きるように設定しています。

 

 

ここまでが私の高設定を掴むための台選びの流れです。

 

店選びや心構え、今回の記事の応用編もありますので、それはまた別の機会に記事にします。

 

 

最後に。

 

高設定をつかむと言ってますが、誤解の無いよう言っておくと、本当に高設定だったかなんて分からんのですw

 

6確定演出などが出れば話は別ですが、台を開けて見ているわけでもないので、実際に高設定だったかなんてお店しか分かりません。

 

でもなぜこのやり方でやっているかと言うと、最初は感覚的にこんなグラフの台が安定して出ているなぁ〜などおぼろげな感覚から、実際こんな台だけをストイックに打ち続けたらどうなるか?このようなスランプグラフを描きやすいのが個設定6の特徴では?などの実践での経験や実験を繰り返してきて、その事実として結果『年間トータルパチスロで負けていない』のでかなり高設定を掴むやり方としては近い所にりるのだと思ってます。

 

鬼坊やプロフィール

 

また、蓄積されたデータを見てから全てを判断しているのもいいのかもしれませんね。

 

 

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

 

 

 

私が思うに、パチスロはやり方次第で誰でも勝てます。

 

一番大事なのは先日記事としてUPしたメンタルだと思ってますが、それ以外では正しくポイントを抑えた立ち回りをすることで、プラス収支が可能です。

 

ぶっちゃけ収支をつけて無かったんですが、年間間違いなプラスだろうな〜とは思っていて、1ヶ月2ヶ月ガチで収支を付けながら日々勝負してみようと考えました。

 

2016年、昨年の話です。

 

こちらが、昨年毎日セカセカと付けていた収支。

 

 

5月は30万チョイ勝ち。

 

鬼坊やプロフィール

 

6月は7万勝ちくらいまでつけてましたが、かったるくなってやめました(笑)

 

鬼坊やプロフィール

 

まぁ一番は一月半くらいガチでやってみて、『あ〜やっぱ勝てるな。』と確信出来たのでいちいち収支つけなくてもいいや。と思ったんですけど。

 

では、私がどんな感じでスロットを打っているか、簡単に解説していきます。

 

 

目押しは出来なくてもOK

 

お断りしておきます。

 

私。

 

目押しが出来ません。

 

・・・・

 

『は?』と思った人もいるかもですが、事実です。

 

と言うのも、目押しできなくてもパチスロは勝てるって思ったんで、出来ないなら出来ないままでいいや、ほかの大事な事や長所を伸ばそうって思ったんです。

 

勘違いしてもらっても困るので、言っておくと目押しはミスが少なくて無駄が少ないほどMAXのメダルを抜けるんで、あればそれに越したことはないです。

 

ただ、目押しが出来ないならいらない機種を打てばいいだけだと思ったり、目押しでガッツリ機械割りに影響するるような機種を打たなければいい!と思えたので、目押しの勉強は省いたって訳です。

 

 

じゃあ、逆に質問します。

 

ビタ押しできたらパチスロ安定して勝てますか?

 

そんなことはないですよね?勝敗に大きく影響するそれとは違いますよね?

 

 

そうなんです。

 

ベースとして安定したプラス収支を出すのに一番大事なこと。

 

高設定を打つこと!これ以外ないっす。
(天井狙いとかはおいといて)

 

なもんで目押しが出来なくても、パチスロの勝敗にはさして支障はないと言うことになるのです。

 

鬼坊やプロフィール

 

私、バジリスク絆が機械割り高いし、ゲーム性も好きなんで良く打ちますが、瞳術揃いなんてほとんど揃えないですから(笑)

 

BT中のBCなんか完全に目押し無視です。

 

ただでさえ下手なんで、狙う時間があったら1回転でも多く回してメダルを抜く(言葉は悪いですが金を稼ぐ)事しか考えてないです。

 

勝手な妄想ですが、周りの人なんかは『なんでこいつ目押し出来ないのに勝率高いんだろ?』なんて思ってるかもしれませんね。

 

 

結論:パチスロの勝敗には目押しは必要ない!(でも出来るに越したことはない。)

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

以下、昨年競馬の有料メンバーさんに向けて配信した内容です。

 

 

 

 

メンバーさんは同じ内容でごめんなさい。。。

 

今回のお話はメンタルなので、当時の文章を少し変えて紹介します。
鬼坊やプロフィール

 

パチスロの勝敗はメンタルが決める?

スロットはメンタルとやり方次第で誰でも勝てます。

 

ただし、その『実行』と言うのが一番難しいのです。

 

「分かっちゃいるけどやめられなかった。。」

 

勝ちたいならタラレバは不要です。

 

 

ギャンブルで勝ちたい、副業にしたいと思うなら、

 

我慢と努力無しでは勝ち続ける事は出来ません。

 

『勝ちたい』のか

 

『楽しみたい』のか

 

どちら側にいたいかは勝ちにこだわりたい方ははっきりさせた方が良いと思います。

 

 

以上踏まえまして、私のスロットに対しての頭の中を文章にしてお伝えしたいと思います。
(^O^)

 

 

メンタルについて

 

私がギャンブルをやる上で、一番重要と考えているのがメンタルです。

 

 

自分の持つポテンシャルを発揮する上で、メンタルが一番重要だと考えてます。

 

 

皆さんも経験は無いでしょうか?

 

学生時代など、良く『本番に弱い』人などいましたよね?

 

スロット・競馬などギャンブルも同じで、自分の持つポテンシャルを発揮する上で正常な精神状態(メンタル)を維持出来ていないと、些細な事でいつも通りの行動が取れなくなり、感情に任せた判断で行動するようになります。

 

ようは知識やスキルは備わってても、100%の力を発揮出来ません。

 

鬼坊やプロフィール

 

例として

 

スロットで自分の狙い台が取れたが、設定が入っていないので見切りをつけたい。

 

ただ、隣の人が出してて頭に来て天井まで回してしまった。

 

 

 

高設定が空いている場合のみ打つもりでスロットに行ったが、高設定らしき台が埋まっていた。

 

結局我慢出来ずに出なそうな空き台に座り負けた。

 

 

このような感情や流れに任せた行動を起こさず、自分が事前に決めた予定通りに行動する事をおススメします。

 

そうする事で、もちろん負ける事は必ずありますが、機械的にスケジュール通り、ルール通り動く事で負けを最小限に抑える事も出来ます。

 

 

流れに任せて勝つ場合ももちろんあります。

 

そんな場合でも勝つだけで人間は気分が良い物です。

 

やっかいなのが、『たまたま』で勝っても実力だと錯覚するので学習しないのです。

 

学習しないと言う事は。

 

たまたま勝った→負けた→たまたま勝った→負けた→負けた

 

などなど、なぜ負けたかどこに弱点があるのかを学習しないままのループが続きます。

 

簡単に言うと成長が無い訳です。

 

成長が無いから全てが運や流れ任せになり、

 

安定した収支を出すことが出来ません。

 

 

厳しいことを書きましたが、私自身もかなり自己制御出来るようになって勝率が大幅に上がりましたが、それでも100%自己制御は出来て無いです。
(/_;)

 

 

なぜなら、今まで自分がやってきた事を自己制御する事で変えなければならないので、今まで生きて形成された性格を変えるような物なんですね。

 

今までの自分を自己否定するのと同じですから、そりゃ〜自分の中でも反発心はハンパないっす!(笑)

 

そんなもので、頭で分かってても、人間と言う生き物は10年、20年自分が正しいと思ってやってきた事を変えるには物凄いパワーを必要とします。

 

 

恐らく、仕事でもプライベートでも、何かしら皆さんも経験がおありのはず。

 

会社でも全く違う仕事の仕方をを明日からやれ!と言われたら、業務命令で仕方ないとは思う物の、やはり抵抗はありますよね。

 

気づけばやっぱり今までと同じやり方をしてしまう。

 

分かっちゃいるけどやめられない♪(なんかの歌みたいだな。)

 

自己制御と言う物はそれくらいパワーとエネルギーを必要とするのです。

 

なので、先ずは簡単な事から『継続』して出来るようにしましょう。

 

継続してできる決まりごと一例

1日の投資は2万と決める。

 

→今までは上限が無かった。

 

 

投資金額を使ったら、オカマを掘られる可能性があろうが即ヤメして帰る。

 

→今まではオカマを掘られるのが嫌で気が済むまで打っていた。

 

 

自分の良く知っている機種しか打たない。(空いて無ければ打たずに帰る!!)

 

→今までは狙い台が空いてなければ何も考えずに空いている台を打っていた。

 

 

 

などなど、今までは〜とやっていた自分とサヨナラして、一つずつルールを決めて、実行して、先ずは一つの事を継続して出来るようにしましょう。

 

それで最終的には、『自分のスケジュール通りに立ち回りをして、狙い台が無い時は打たずに帰る。』

 

が出来るようになればベストです。

 

 

そうすることで例え月トータルで負ける時があっても、間違いなく負け額は減ります。

 

負け額が減る=回収率UP

 

ですから、負け額を減らす事は立派な回収率の底上げであり、レベルUPですよ。
(^_-)

 

 

リスクは減らすのでは無く、取る物です。

 

1年で自己制御出来る方もいれば、数か月の方、10年でようやく出来た〜など個人差があり人それぞれです。

 

コツコツと小さな事からやっていきましょう。

 

 

そして、メンタルを正常に保つ事で、自身の実力を100%発揮できるようにしましょう。
(^_^)/

 

鬼坊やプロフィール

 

どうでしょうか?

 

んなの分かってるよ。

 

当たり前のことじゃん。

 

と思う人もいるかもしれませんが、当たり前のことじゃんと思って実行出来てる鉄の意志をお持ちの人は、ギャンブルにかかわらず何かしらで成功してるのでは?

 

 

簡単そうに見えてやってみると物凄く難しく、ハードルが高いと思います。

 

 

ただし、ここのメンタルや自己制御を制するだけで飛躍的に投資金を減らす事が出来き、冷静な第選びや設定判別も出来るようになり、自分の実力も修正しレベルアップ出来るのです。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

これはギャンブルだけでなく、仕事やプライベートにも応用出来ますので、何かで俺は成功したい!人並み以上の結果を得たい!と思っている人は是非意識してやってみてください。

 

メンタルを制するものは人生を制する!です。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

やる気の無い降級馬をチェックして次走狙い撃ち、万馬券をGET!!

 

どうも、、鬼坊やです。

 

今回はMY注目馬のススメ第1回と言うことで、降級馬をうまく使って万馬券をGETした例を紹介します。

 

降級馬って、みなさんご存知のように元々ひとつ上の階級にいた馬が、1ランク下の階級へ戻ることが出来る仕組みなので、当然戻った階級は元々勝ったことがあるクラスなので、力がずば抜けていたり、ずば抜けていなくても安定した力が出せるので軸にしやすかったりします。

 

ただし、馬も生き物なので実は降級1発目のレースで勝負する気はサラサラ無くて、ただの調教だったり、体調確認では?と思われるようなレースをする場合もあります。

 

元々抜けた力を持つ降級馬ですから人気になりやすいので、期待値も低いし、期待値が低い上に今回ヤラズのやる気ゼロだったらショックは倍増です。

 

配当的にウマミが少ない降級馬ではありますが、狙いどころを絞ることで、ヤリ・ヤラズの予想精度を100%にすることは出来ませんが、ある程度精度を上げることは出来ます。

 

今回はヤラズで馬券を外した数週後に、ヤリのサインを察知して馬券を的中出来た例を紹介します。

 

以下、有料メンバーさんに配信した予想を抜粋したものです。

 

今回はこの中より福島12R ◎2番ブレスアロットが対象になります。

 

有料メンバー向け配信内容

╋╋・‥… 複の神 中央競馬予想 7/1勝負レース予想…‥・╋╋
おはようございます。

 

本格的に夏競馬が始まりましたね!

 

個人的には二週連続万馬券GETの勢いそのままにと思ってますが、しかし流れは変えずに普段通りを心がけます。

 

福島最終の◎ブレスアロットは前回◎で競馬せずのマイ注目馬です。

 

戸崎乗り替わりで降級抜け出しを狙ってるかなと。

 

では今日も頑張りましょう!

 

 

今日の勝負レース】

 

《2回福島1日目》

 

2R 三連複フォーメーション 264%
1列目:13リンガスネオ
2列目:4.12
3列目:2.4.6.7.8.11.12.15

 

 

12R 三連複フォーメーション 344%
1列目:2ブレスアロット
2列目:8グッドラック.11メイスン
3列目:5.6.7.8.9.10.11.12

 

結果2→11→5

 

三連複 22,930円 的中

 

個人的には、完全にゾーンに入ったと言う感覚になって、ブレスアロットが馬券はおろか連から外れる気がしなかったです。

 

こんな時は年間そんな多くないんですけど、思いつく券種を片っ端から買って、その結果。
単勝350円
複勝180円
馬連1,630円
馬単2,660円
三連複22,930円

 

全部買って全部当てました(笑)

 

全部当てたことは決して効率がいい買い方ではなく、自信がありすぎるが故の自己満足なのでそこは重要じゃないです。。

 

なんでそこまで自信を持って買えたかと言うことが大事です。

 

 

なぜブレスアロットをMY注目馬にしたか?

ことの始まりは忘れもしない6月11日 ブレスアロットの降級1戦目でした。

 

東京ダ1600Mの2枠4番番に入った同馬ですが、東京ダ1600は3コーナーまでの直線が長く内外の不利が少ないコース。

 

むしろ内外の不利が少ない分、内枠の馬は馬群に包まれたらさばきづらいコースでもあります。

 

そんな心配は多少あれど、休み明けで今回出走してきたものの、過去休み明け3回走って1着1回、2着1回、4着一回と鉄砲にも対応している。

 

まぁ無難に来そうだなとレースを見てましたが。

 

この馬、私の妄想ですが陣営はまったく走らせる気が無かったと思いました。

 

以下、画像つきで解説していきます。
黒い帽子の4番の馬です。

 

スタートはボチボチな感じで特に心配することはなし。

 

控えて11番手を追走と言ったところです。

 

3コーナーから4コーナーでも特別手ごたえが悪いわけでもなく。
鬼坊やプロフィール

 

問題は直線に入ってから。

 

まともに追ってないんです。。。。。

 

勘違いの無いように解説しますと、形だけ追っているように見せているだけで、馬を走らせようと必死で追っていないと言いたいんです。
鬼坊やプロフィール

 

7月16日に行われた中京メインの名鉄杯見ました?

 

見てなければ内田騎手の直線の騎乗を是非みてください。

 

6月11日のブレスロットに騎乗していた吉田隼騎手との追い方がまるで別物だとすぐ分かりますよ。

 

名鉄杯の内田騎手は、わざわざ福島から移動して中京へセンチュリオンを勝たせるために遠征した!と言う気マンマンの鬼追いしてましたから(笑)

 

経済コースを終始我慢して回したデムーロ騎手の神騎乗に負けたものの、死に物狂いで追ってましたね。

 

 

それで話を戻すと、その後にも一つ問題がありました。

 

残りの距離を追っているフリをしながら馬群をさばかずじっとしたまま10着でゴール。
鬼坊やプロフィール
鬼坊やプロフィール

 

自分の結論としては、馬群から出れなかったのではなく、出す気も走らせる気も無かった。と結論付けました。

 

 

ですので、MY注目馬としてエクセルにコメントをつけて残しておきました。
『終始消極的な競馬でハナから勝たせる気なし。馬群から出す気なく次回以降ヤリの可能性あり。』

 

 

勝負をしてきた所で狙い撃つ

 

さてさて、前回はヤラズで負けたので、この馬が降級馬でありクラスを勝てる力を持っていることは事実ですから、陣営の勝負気配を読んで狙い撃ちしないといけません。

 

数週間経った7月1日の福島最終にブレスアロットが出走してきました。

 

鞍上はリーディング1位の戸崎騎手・・・

 

この時点で勝負気配は70〜80%。

 

プラス、ブレスアロットの過去を眺めていると、福島は2回走って、1着1回、2着1回。
鬼坊やプロフィール

 

なおかつ2回とも先行して馬券になってます。
鬼坊やプロフィール

 

リーディング1位への乗り代わりと、前回は体調確認のため流して得意の福島で勝負を掛けてきたと思いました。

 

トドメの買い要素として、この馬が予想以上にに単複が売れたことです。

 

みなさんから見ると『降級馬で戸崎なんだから、叩いて1人気あたりまえじゃん!』と思うかもしれないですけど、自分はそうは思わなかったですね。

 

今回は売れるべくして売れていると思いました。

 

オカルトッチック、都市伝説チック(私はそうは思ってませんが。)な事を言わせてもらうと。

 

『勝つのが分かってて継続的にブレスアロットの単複に投票されている』感じがしましたねぇ〜

 

結局、ブレスアロットはスタートを決めて戸崎騎手の追いに応えて前回とは別馬のように先行し2番手につけます。

 

戸崎騎手も追うだけでなく、ムチまで使ってましたので相当勝負がかっていたと思います。
(意地でも前につけたい、邪魔されず競馬したい感じ)

 

個人的には、この1コーナーまででこの馬が2番手につけた時点で『連軸は確定したな。』と思ってました。
鬼坊やプロフィール

 

その後は4コーナーで先行に立ち戸崎騎手も全力で追い通し。
鬼坊やプロフィール

 

鬼坊やプロフィール

 

最後は同じ降級馬のメインスンスパートに詰め寄られるも、最後は脚色同じになりリードを保ったまま1着でゴール。
鬼坊やプロフィール

 

 

これらは競馬ですから『あくまで予想』でしかありませんが。

 

結果1着となり、自信を持って軸馬にし、万馬券をGET出来た。これもまた事実です。

 

 

降級馬(またはMY注目馬)の狙い方の順番含め今回のポイントまとめ

  1. 勝つ力のある馬だったが、負けるべきして負けた馬をチェックしておく
  2. 出走して来たら今回が勝負できる条件かチェック
  3. 厩舎の勝負気配や皆さんの予想ファクターに合致するようだったら勝負する。

 

たったこれだけです。

 

ただ、たったこれだけですけど皆さんはどうでしょうか?

 

なかなかチェック出来ている人は少ないのでは?

 

最初のうちは無理に負けた馬のアラ探しをしても余計な見え方をしてしまうので、ぼーっとレースを眺めてて『これは・・・』と思えたレースからチェックしてみると良いと思います。

 

そうするといつものように競馬を見ているだけで負担なくチェック馬を探すことが出来ます。

 

しかしですね、レースを見ると言うのは馬券の勉強になりますのでオススメです。

 

 

皆さんも是非、レースを見てMY注目馬を探してみてください。

 

最初なんてそんな馬券にならなくても、そのうちに今まで見えなかった物が見えるようになりますので世界が変わりますよ〜

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

三連単91万馬券となった函館記念。

 

先ずは自分の予想から振り返る。

 

鬼坊やの函館記念の印

◎7マイネルミラノ
○12ルミナスウォリアー
▲1サトノアレス
△10ステインシアトル

 

 

正直、◎○では珍しく相当迷った。

 

と言うよりは金曜日の時点で◎7マイネルミラノだったが、ルミナスと入れ替えようか考えながらも最後まで入れ替えなかった感じ。

 

 

◎マイネルミラノ、○ルミナスウォリアーにした理由

◎マイネルミラノ
注目したのは、前走と前々走の内容だ。

 

この馬は前々走、57.5キロのハンデをしょいながらも、G2で勝ち負けできる好タイムで勝利している。

 

この時のペースはハイペース。

 

 

前走は58キロを背負いながらもスローペースでの7着も0.4秒差。

 

今回のメンバーと比べると、ハイペースでは力上位、前走のようなスローでも好走出来る可能性が高かったため。

 

不安材料は無かった訳でなく、2点。

ステインシアトル
ヤマカツライデン

 

まずはこの2頭の逃げ馬の存在。

 

特にヤマカツラインデンはダートから芝に戻ってからは全て逃げており、近走はほとんど平均〜ハイペースで逃げている。

 

ステインシアトルも逃げて近走勝ち上がっており、先行争いが激化する可能性と、先行争いが激しくなったことに追い討ちをかけるように小回り特有のペースを壊す差し馬が出てくる可能性があった。

 

 

もう一つはオッズバランスの悪さ。

 

この馬は常に単勝3人気に対して、複勝が4〜6人気と複の売れが悪い。
鬼坊やプロフィール

 

必ずと言う訳ではないけど、感覚的に単勝先行で売れるもしくは複勝が売れないと見える馬はかなりコケやすい傾向がある。

 

 

 

○12ルミナスウォリアー
ルミナスウォリアーの場合は強調材料のほうが多かった。

 

休み明けはとにかく走る

この馬は休み明け5回走って1着2回、2着3回、着外ゼロと連対率100%。

 

鬼坊やプロフィール

 

鬼坊やプロフィール

 

 

 

前日17時に複勝に異常票あり

前日の17時に複勝へ1回で百万の大量票が入った。

 

この時点で複勝は4番人気から2番人気へ一気にUP。
鬼坊やプロフィール

 

複勝のシェアも8%から14.2%へUPし、実に全体の6%もUPしていた。

 

休み明けが走ると言うことと、元々このクラスでは勝ち負けできる力に加えて、近走では一番の仕上げになっている情報を誰かが掴んでいての票だったのかもしれない。
あくまでこんなのは推測にしかすぎないが。

 

 

唯一の不安あ洋芝への適正くらいだった。

 

 

 

レースを振り返って

スタートしての先行争いは、武が控えて中団前目につけ、ヤマカツがいつも通り逃げを主張、パリkラノテガミ、マイネルミラノと続く展開。
鬼坊やプロフィール

 

一番レースを見てて『あっ!!』と思ったのは、ルミナスウォリアーが予想よりも馬群の前目につけていたことと、何より見てて手応えがヤバイと思えたこと。
鬼坊やプロフィール

 

いつもレース見てる感覚的には、道中のルミナスウォリアーの手ごたえを見た時点で『あっ、こいつは2着は外さんわ・・・』と思える手ごたえだった。

 

結果、3コーナー前後で少しエンジンを掛けてあげて、そのまま4コーナーまで追わずに先頭集団に並びかける。
鬼坊やプロフィール

 

後は1頭だけ手ごたえが抜けているので、直線では横綱相撲を取り突き抜けるだけ。
鬼坊やプロフィール

 

まさに人馬一体となった完璧な騎乗だった。

 

次は人気になり、勝ったり負けたりを当然ながら繰り返すと思いますが、この馬は休み明けはとにかく走る!のでこれ一つ覚えておくだけでも、出てきた時点で軸馬に困らないと思います。

 

2着のタマモベストプレイは今回のように時計のかかるレースではパフォーマンスが高く、少し軽視しすぎた。

 

逆にスローの瞬発力勝負などでは弱い。

 

ヤマカツライデンンははなんだかんだのマイペースで最低限の逃げ粘りで3着。

 

 

私の場合は他の予想ファクター同士が喧嘩してルミナスウォリアーを軸馬から外したが、仮にルミナスウォリアー◎にしてても三連複では2列目を外しているので複勝以外は的中は出来なかった。

 

と言うより2列目の選択もドングリの背比べのレースにしては甘かったと反省。

 

特に1人気で6着に敗れたサトノアレスはルメール−藤沢のラインがいいのは知っているので▲にしたものの、この馬は追走が遅く、前回は前目で競馬しているもスローペースで追走できただけであったこと。

 

もう一つは前回斤量減と成長によりパフォーマンス向上は見られたが、今回勝ち負けするにはもう一つ上のパフォーマンスをする必要があったため、『その上のパフォーマンスはこの短期間で見込めたか?』と言われると疑問だったのも事実。

 

ちなみにダービーで◎を打ったレイデオロは休み明けの皐月賞は『ただの叩き台で目標はダービー』と読んでいた上、その叩き台でも負けすぎなかったので自信の◎だったので、今回のサトノアレスとダービーのレイデオロとでは同じ藤沢厩舎でも大分ローテーション読みの勝手が違ったと言える。

 

サトノアレスは追走が遅く、逃げ馬のペースに左右されやすいと覚えておくと役に立つかもしれない。

 

逃げなかった武のステインシアトルだが、武はおそらくヤマカツライデンとやり合うと分が悪いと思い控えたと思われるが、このペース判断は武ならでははである意流石と言える。

 

ただ、15着に大敗したところ、レースリプレイを見返してみると、3コーナー前から手ごたえの悪さが分かっているっぽく、4コーナー終わりから直線ではすでに競馬はやる気が無く、鞭を打ったり、追い出すフリをしているだけだった。

 

洋芝なのか、道悪なのか、逃げれないとモロイのかは分からんけど、強力な逃げ馬がいる時は敬遠したほうがいいかもです。

 

 

個人的にはペース読みをもう少し予想に反映させるべきで、その上で軸、2列目を丁寧に配置する事を学ん(再認識させられた)だレースだった。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム