週末に勝つ為の重賞データ

週末勝つ為の重賞データ

誰もが取りたい重賞データを毎週更新して参ります。

 

あなたの馬券の一つの予想ファクター、軸馬選定など予想にお役立てください。


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんばんは!

 

2017年のレパードステークスを2016年以前のレパードステークスの過去データなどを元に最速印としてお届けします。

 

鬼坊やプロフィール

 

では早速、レパードステークスの出走予定馬から現在の予想印を公開します。

 

◎エピカリス

やはりヒヤシンスステークスをダントツ人気で勝ち、UAEダービー2着と海外レースでもその実力を証明したエピカリスに◎です。

 

ヒヤシンスステークスの段階で古馬1000万クラスと同等のタイムを出していましたし、レパードステークスの過去のデータからも1、2番人気が強いとの後押しデータもあり、トドメに任せて安心のルメール騎手なので、海外輸送の後以外の不安以外は何も不安要素はありません。

 

おそらく、レパードステークスにそのまま出てきたら、◎の印を変えることなく本命にすると思います。

 

レパードステークスにエピカリスが出てきたら、ヒモ探しのレースの認識ですね。

 

 

○タガノディグオ

現時点でのレパードステークスの2番手評価はこの馬。

 

頭角を現したのは、今年2月の京都での500万戦でした。

 

その時は2着でしたが、その後500万を勝ち上がり、兵庫ChsJpn2ではリゾネーターなどを負かし1着。

 

ジャパンダートダービーでは敗れはしたものの勝ち馬から0.2差の3着。

 

好位〜中団に位置取り安定して脚を使えるので、騎手も扱いやすいのか、大崩しないのも特徴です。

 

エピカリスが万全でないと足元をすくうのはこの馬かなと思ってます。

 

 

▲ハルクンノテソーロ

レパードステークスの3番手評価はこの馬。

 

過去のデータでもユニコーンステークス上位の成績がレパードステークスで安定しているのもありますが、新潟ダート1800メートルは基本前有利ではありますけれど、アディラート・タガノグルナ・ノーブルサターンなどで先行争いが激化すると末脚が生きる場面も想像出来ます。

 

今年は決して緩いメンツではないので、やや展開の助けも必要だと思いますが、あなどれない1頭です。

 

 

△アディラート

レパードステークス4番手評価はこの馬。

 

出来れば1000万を勝ち上がっていれば過去のデータを含めて評価を上げたのですが、今ママで古馬相手とは言え少し決めてに欠ける印象。

 

ただし、先行争いが激しくならなかったり、武騎手の毎度のマイペースの逃げで落ち着けばこの馬の展開になると思います。

 

 

注テンザワールド・スターストラック

最後にレパードステークスで忘れてはいけないのはテンザワールドやスターストラックなどの1000万勝ち上がり組。

 

2頭とも、1000万勝ちあがり後、ローテーション的にも余裕を持って出走してきてますので、調整が万全の可能性もあります。

 

穴をあけやすいのはこれら1000万組かなと睨んでます。

 

 

 

レパードステークスの予想オッズと出走予定

以下、レパードステークスの予想オッズと出走馬予定です。
(引用元:netkeiba.com)


1 エピカリス 1.9
2 アディラート 4.4
3 タガノディグオ 5.7
4 ハルクンノテソーロ 7.2
5 テンザワールド 12.1
6 イブキ 19.8
7 サンチェサピーク 32.0
8 シゲルコング 58.8
9 ローズプリンスダム 59.8
10 タガノカトレア 69.4
11 ノーブルサターン 80.2
12 スターストラック 96.2
13 タガノグルナ 100.6

14ダンサクドゥーロ 232.4
15サルサディオーネ 236.9

 

予想オッズに現れているようにエピカリスの相手探しという感じの構図になるのでしょうかね。

 

個人的には三集連複フォーメーションで3連目の荒れを狙っていきたいです。

 

参考まで。

 

 

⇒有料メンバーの内容、お申し込みはコチラまで

 

 

 

続きを読む≫ 2017/08/01 20:50:01


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

今回は2017年のレパードステークスに出走する競走馬をさ〜っと見ていきましょう!

 

すでに海外レースで活躍したエピカリスも出走を予定しているので楽しみなレースですね!

 

鬼坊やプロフィール

 

2017年レパードステークス出走予定馬

 

第9回レパードステークス G3 出走予定馬

アディラート 56 武豊
イブキ 56 北村宏
エピカリス 56 ルメール
サルサディオーネ 54 吉田豊
サンチェサピーク 56 吉田隼
シゲルコング 56 柴田大
スターストラック 56 津村明
タガノカトレア 54 菱田裕
タガノグルナ 56 江田照
タガノディグオ 56 川島
ダンサクドゥーロ 56 石橋脩
テンザワールド 56 岩田康
ノーブルサターン 56 鮫島良
ハルクンノテソーロ 56 大野拓
ローズプリンスダム 56 木幡巧

 

以上が2017年レパードステークスの出走予定馬です。

 

言うまでも無く、注目はエピカリスですね。

 

UAEダービーは僅差の2着でしたが、輸送にも負けず海外でも活躍できる強心臓を見せてくれました。

 

ベルモントステークスは直前の取り消しでしたが、上手く調出来ていれば不動の軸馬となる可能性大です。

 

1番人気が強いデータもエピカリスには心強いデータです。

 

タガノ勢にも注目です。

 

3頭が登録していますが、特にジャパンダートダービー3着のタガノディグオ

 

エピカリスと中央競馬組が人気しそうですが、勝ち馬から0.2秒差の3着で、このクラスを勝てるだけの力は備わっています。

 

毎度あまり人気はしないのですが、ユニコーンS組のハルクンノテソーロも要注意です。

 

毎回堅実に脚を伸ばして来る持続力が魅力です。

 

後は、前走1000万を勝ち上がりじっくり2017年レパードステークスへ照準を合わせてきた馬たちに、前回勝ちきれなかったが素質はあなどれない武豊騎手騎乗のアディラートでしょうか。

 

エピカリスの走りが一番楽しみではありますが、出走したとしてその包囲網がとても気になるところです。

 

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

続きを読む≫ 2017/08/01 07:57:01


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

今回は秋のダートG1にも直結する3歳馬の数少ないダート重賞、2017年8月6日に新潟ダート1800メートルで行われるレパードステークスの過去データを見ていきましょう。

 

鬼坊やプロフィール

 

レパードステークスの過去の人気別データ

レパードステークスは8年しか歴史がありませんが過去のデータでは1,2番人気がめっぽう強いレースです。

 

むしろ1、2番人気しか勝っていません。

 

1番人気

5−1−2−0

 

2番人気

3−1−1−3

 

3番人気

0−3−0−5

 

4番人気

0−1−0−7

 

5番人気

0−0−0−8

 

6番人気

0−1−1−6

 

7番人気

0−1−1−6

 

8番人気

0−0−0−8

 

9番人気

0−0−1−7

 

10番人気

0−0−0−8

 

11番人気

0−0−1−7

 

12番人気

0−0−1−7

 

 

せっかくなので1,2番人気の共通点があるか見えてみましょう。

 

 

レパードステークス過去の1着馬の傾向は?

 

2017年のレパードステークスの的中に向けて過去のローテーションだと

3週

2頭

 

4週

2頭

 

5〜9週

4頭

 

 

勝ち馬全てが3週以上の間隔を空けており、余裕を持ってレースに臨んでいます。

 

 

レパードステークスの過去の1、2着馬の前走はどのレースを走っていたのでしょうか?

 

中央競馬の重賞が2頭

グレンツェントとアジアエクスプレスが該当します。

 

グレンツェントはユニコーンステークス3着。

 

アジアエクスプレスはユニーンステークス12着でしたが、1.3倍のダントツ人気だった上、レパードステークスでも1番人気になり素質が評価されていました。
・ハルクンノテソーロ

 

1000万クラスが2頭

1000万クラスから挑戦した2頭は前走1000万クラスを勝ち上がっている上、1000万クラス勝ちあがり時も1番人気でした。

 

 

 

地方競馬のレースが4頭

こちらはもちろんジャパンダートダービー組ですが、レパードステークスを勝ったジャパンダートダービー組の4頭中3頭が前走2着以内、牝馬のミラクルレジェンドだけが4着からの挑戦でしたが、その前のレースで1000万クラスを勝ち上がっていました。

 

・タガノディグオ

 

 

今回エピカリスが出れば、海外組となりこれらのローテーションから外れますが、軸は上の面子からみると固いのかもしれませんね。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/31 05:16:31

↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

今回は明日行われる小倉競馬のメインレース、佐世保ステークスのデータについて解説していきます。

 

アイビスサマーダッシュ、クイーンステークスだけ記事書いて小倉メインを書かないのも気持ちが悪いので(笑)

 

佐世保ステークスだけだとデータが少ないので北九州短距離ステークスも含んだデータになっております。

 

鬼坊やプロフィール

 

佐世保ステークス人気別データ

恒例のまずは人気別のデータです。

 

定量と言うだけあり、あまり荒れてませんね。

 

1番人気

2−2−1−3

 

2番人気

2−0−0−6

 

3番人気

1−0−1−6

 

4番人気

0−2−1−5

 

6番人気

0−0−2−6

 

7番人気

1−0−1−6

 

8番人気

0−0−1−7

 

9番人気

0−1−1−6

 

佐世保ステークスと北九州短距離ステークスを合わせて人気の傾向を見て見ると、馬券対象になっているのは9番人気までです。

 

かと言って人気上位の信頼度が高く無く、大穴狙いはNGだが、中穴程度は期待できるレースと言えます。

 

 

 

佐世保ステークス前の前走着差は?

続いて佐世保ステークス前のレースで負けている場合の前走着差です。

 

0.0差負け

0−1−1−2

 

0.1〜0.2差負け

2−0−3−4

 

0.3〜0.5差負け

1−2−1−19

 

0.6〜0.9差負け

4−2−2−25

 

1秒以上負け

0−2−0−26

 

勝ち馬8頭中、7頭が前走0.1〜0.9秒差負けで、1.0秒以上負けた馬は1着はゼロです。

 

人気馬と言えど、1.0秒以上負けて今回のレースに臨む馬は疑ってかかるべきです。

 

 

 

前走10人気以下は苦戦

 

先に当日10人気以下は馬券になっていないことを書きましたが、前走で10人気以下の馬も苦戦傾向です。

 

前走10番人気以下

1−1−4−35

 

勝率2.4%、連対率も4.9%しかありません。

 

当日10人気以下を切ることもですが、前走10人気以下は馬券対象にしてもヒモ評価にするべきでしょう。

 

 

佐世保ステークスは高齢馬も苦戦傾向

佐世保ステークスでは高齢馬も苦戦傾向です。

 

3歳

0−0−0−3

 

4歳

5−2−2−17

 

5歳

3−4−5−24

 

6歳

0−2−1−25

 

7歳

0−0−0−12

 

8歳

0−0−0−1

 

3歳馬は出走頭数が少ないので度外視していいと思いますが、6歳で2着が2回3着が1回あるだけで勝ち星はゼロ。

 

7歳以上は馬券にもなっていないです。

 

高齢馬は大きく割引が必要でしょう。

 

 

 

キャリアが多すぎる馬も割引!

キャリアが多すぎる馬も高齢馬だけでなく割引が必要です。

 

キャリア21戦以上の馬

1−5−4−56

 

と勝率は1.5%

 

 

キャリア26戦以上の馬

0−3−3−46

 

と勝率は0%

 

 

キャリア31戦以上の馬

0−0−2−31

 

と連対率も0%になりました。

 

夏競馬に照準を合わせて出走する若駒がいる中、高齢馬やこのクラスを勝ちきれないキャリアの馬たちは苦戦を強いられています。

 

まとめ

 

1〜9番人気以外は馬券になっていない。
前走1.0秒以上負けている馬は1着になっていない。
前走10番人気以下は苦戦傾向
6歳以上の高齢馬は苦戦傾向

キャリア21戦以上の馬は苦戦傾向

 

これらを考慮しながらしっかりと軸馬馬を選ぶとよいでしょう。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/29 11:28:29


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんばんは!

 

今回は明日新潟10Rで組まれている古町特別のデータについて解説します。

 

データ数が少ないので同クラス、同条件で行われているレース13鞍を参考にまとめてあります。

 

今回は抽出と言うよりは消去データ中心です。

 

鬼坊やプロフィール

 

 

古町特別 人気別データ

 

古町特別と同条件レースの人気別データです。

 

1番人気は13回走って1着ゼロ回。。。

 

代わりに2,3番人気の勝率が高い条件です。

 

1番人気

0−4−3−6

 

2番人気

4−2−1−6

 

3番人気

3−3−1−6

 

4番人気

1−0−3−9

 

5番人気

2−1−1−9

 

6番人気

0−2−0−11

 

7番人気

1−0−2−10

 

8番人気

0−0−1−12

 

9番人気

1−1−0−11

 

また馬券になるのはほとんど9番人気までで極端な人気薄が馬券になることも少ないレースです。

 

直線が長いコースなので、ある程度実力が結果に反映されやすいのが原因でしょう。

 

 

古町特別では前走大敗は疑問視すべき!

 

前走10着以下

1−1−1−55

 

前走10着以下に大敗した馬の成績は1−1−1−55と勝率1.7%、連対率3.4%、複勝率5.2%とかなり低いレベルです。

 

前走大敗の馬は馬券に入れても抑えまでにするべきです。

 

これに加えて前走2.0秒以上大敗した馬は0−1−0−14と馬券にほとんどなりません。

 

 

 

古町特別では前走福島組は消し!

 

古町特別では前走福島を走った馬の成績が極端に悪いです。

 

前走福島を走った馬の古町特別の成績

0−0−2−23

 

ごらんのように25頭出走して3着2回だけ。

 

人気馬から人気薄までまんべんなく出走していますが、このような結果になっています。

 

新潟開催までに消耗してしまうのかもしれません。

 

 

古町特別では高齢馬は走らない!

 

以下、古町特別と同条件の年齢別成績です。

 

3歳馬

3−4−3−25

 

4歳馬

6−5−7−35

 

5歳馬

4−4−2−54

 

6歳馬

0−0−0−30

 

7歳馬

0−0−1−13

 

8歳馬

0−0−0−2

 

 

夏場は高齢馬にはキツイんでしょうかね?

 

5歳まではまんべんなくばっちり馬券になりますが、6歳になったとたん30頭走って3着すらゼロ・・・

 

お年寄りに暑い夏はキツイようです(笑)

 

 

 

少しだけ注意!古町特別の枠番!

 

古町特別と同条件のレースでは枠の偏りはあまりありませんが、最内枠と2枠が少しだけ弱いです。

 

1枠

0−0−1−18

 

2枠

1−4−1−15

 

特に1枠は勝ち星ゼロですので、開幕週の追い込み馬などは割引が必要です。

 

更に馬番の1番は。
0−0−1−12

 

完全に買って抑えまでですね。

 

 

 

古町特別ではヘイルトゥリーズン系が圧倒的

数が多いのもありますが、古町特別ではヘイルトゥリーズン系が10勝と圧倒的です。

 

10−7−10−90

 

 

 

データを踏まえた明日の注目馬

 

これらデータを踏まえた明日の注目馬は。
5ラベンダーヴァレイ
6ペルソナリテ
7ニシノジャーニー

 

の3頭です。

 

参考まで。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/28 19:44:28


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

今回はアイビスサマーダッシュと同じ距離で行われる新潟芝 直線1000mの閃光特別のデータを紹介します。

 

その中でも穴馬にスポットを当てて記事を書いてみました!

 

鬼坊やプロフィール

 

閃光特別人気別データ

先ずは人気別のデータです。

 

1番人気

3−1−0−5

 

2番人気

0−2−1−6

 

3番人気

2−0−1−6

 

4番人気

1−0−1−7

 

5番人気

0−2−2−5

 

6番人気

0−1−0−8

 

7番人気

1−0−0−8

 

8番人気

2−1−1−5

 

9番人気

0−2−1−6

 

データを見ると人気馬が信頼がおけないと言うよりは、7、8番人気からも勝ち馬が出ていることから、どの馬にもチャンスが発生しています。

 

ただ10人気以降は過去9年、3着が2回だけなので、穴馬に過度な期待は禁物。

 

10人気以下は抑えまでにしましょう。

 

 

閃光特別枠番別データ

 

1枠

0−0−2−15

 

2枠

2−0−0−16

 

3枠

0−1−1−16

 

4枠

2−0−0−16

 

5枠

0−2−0−16

 

6枠

1−1−2−14

 

7枠

3−1−2−20

 

8枠

1−4−2−20

 

外枠が強いと言うよりは連対率まで視野を広げると、やはり7,8枠の安定感が頭一つ抜けてますね。

 

もっと一番注意しなければならないのが、アイビスサマーダッシュのデータも同じでしたが、1枠が弱すぎると言うことです。

 

数頭分の距離と言えど、外枠に向かうほど馬場のいい所を選択しながら走れる選択肢が増えますから、内枠は他の馬を気にしながら馬場を選択しなければならないので、データとして顕著に現れている感じです。

 

⇒※閲覧注意※アイビスサマーダッシュ重賞データ公開

 

 

 

閃光特別前のレースでの着順の傾向は?

 

閃光特別前のレースでの着順の傾向です。

 

1着

0−0−1−11

 

2着

1−0−2−5

 

3着

1−1−0−3

 

4着

0−0−1−4

 

5着

0−0−0−6

 

6着〜9着

2−4−3−36

 

10着以降

5−4−2−66

 

過去9年、閃光特別では勝ち馬が7頭、2着が8頭が前走6着以下からの巻き返しでした。

 

この15頭のうち半数以上の9頭が今回5番人気以下からの巻き返しをしています。

 

もう少し掘り下げてみましょう。

 

3歳

3−2−0−25

 

4歳

4−5−5−48

 

年齢で更に絞り込むと、連対以上を果たした15頭中14頭が3歳か4歳馬であることが分かります。

 

4歳馬は出走頭数があるのは確かですが、前走掲示板を外した馬の巻き返しで穴馬を狙う場合は3歳、4歳から狙うべきですね。

 

掲示板からの巻き返しが期待できるレースで、穴馬は3歳、4歳馬から選ぼう!

 

 

プラスアルファのデータです。

 

10着以降に負けた馬の巻き返しが多いのは事実ですが、前走3.0秒以上負けた馬は。
0−0−0−15と馬券に絡んだこともなく負けすぎはNGです。

 

 

更に前走勝利と0.0差で負けた馬も勝っていませんので注意!!

 

 

閃光特別 前走距離別データ

距離別のデータですが、ほとんどが変わらず1000mか1200mからこのレースに臨む馬が馬券の対象です。

 

1000m

2−3−1−35

 

1200m

5−3−4−45

 

1400m

1−1−4−28

 

1000,1200mに方が出走頭数は多いですが、1400mになると勝率、連対率が半分以下にガクっと落ちますからテンが速い流れに慣れていない1400mからの馬は疑ってっかるべきです。

 

 

 

閃光特別 年齢別データ

さきほどは絞り込んだデータを見ましたが、閃光特別の年齢別データです。

 

3歳

3−3−2−40

 

4歳

5−5−6−62

 

5歳

1−1−1−20

 

6歳以上

0−0−0−11

 

過去9年6歳以上の複勝圏内は無く、馬券の対象になっておりません。

 

魅力的な高齢馬を見つけても抑えまでが無難です。

 

 

 

枠を見て予想は決めたいのですが、これらで穴馬候補を絞り込むと。
グラミスキャッスル
サンバダンサー
ニシノアンジュ
プリンセスオーロラ
ミキノドラマー
の5頭です。

 

個人的には降級馬のミキノドラマーが前走直線1000mw使い休んでまた新潟直線1000で魅力を感じますが、騎手が・・・と言う部分もありますねw

 

参考まで。

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/28 06:22:28

↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは!

 

重賞だけではありません。

 

各競馬場の特別レースも鬼坊やは攻略していきますよ!

 

今回は7月29日 札幌12Rに行われる阿寒湖特別です。

 

芝の2600mと言う長距離でありながら特殊な距離でもあるレースです。

 

鬼坊やプロフィール

 

しっかりとデータ攻略していきましょう!

 

※2009年 松前特別含むデータです。

 

阿寒湖特別 当日人気データ

当日人気のデータです。

 

非常に分かりやすいです!

 

1番人気

4−0−1−7

 

2番人気

5−1−2−4

 

3番人気

1−2−2−7

 

4番人気

0−1−0−11

 

5番人気

1−3−0−8

 

6番人気

0−2−3−7

 

7番人気

1−1−2−8

 

なんだ、、人気馬が強いのか・・・

 

いやいやいや、もう一歩踏み込みましょう。

 

阿寒湖特別の勝ち馬12頭のうち、9頭が1番人気か2番人気です。

 

確率的にも1,2番人気の中から軸馬を選びやすいので、どちらが脚質的に有利か?力はあるか?過剰評価されていないか?などを見極めていきましょう。

 

馬単、三連単の頭固定でもよいですね。

 

もう少し見て見ると。

 

1番人気で1着になった馬全てが、このレースで5番手以内で競馬をしている先行馬でした。

 

直線が短い札幌競馬場でもあるので、前にしっかりとつけて競馬が出来る人気馬であれば安定感が増す感じです。

 

 

 

2番人気まで広げると、年齢による有利が明らかになります。

 

阿寒湖特別の1・2番人気での勝ち馬9頭中、7頭が3歳馬で3歳馬がメチャクチャ強いレースです!

 

人気の3歳は評価されているのにはワケがあるパターンで逆らわないほうがいいですね!

 

 

阿寒湖特別 レース間隔別成績

阿寒湖特別のレース間隔を見て見ると多少のかたよりがありました。

 

中2週

1−6−6−38

 

中3週

3−0−1−8

 

中4週

0−2−2−16

 

中5週〜9週

2−1−1−11

 

中10週〜25週

6−3−2−14

 

半年以上休み明け

0−0−0−4

 

こうして見ると、クイーンステークス同様に休み明けが強いレースであることが分かります。

 

もしかしたら・・・と思い見て見たらやっぱりでした。

 

休み明けで阿寒湖特別を勝利した馬6頭中、5頭が3歳馬でした。

 

つまり、札幌開催狙いでしっかり休ませた3歳馬は超注意です。

 

なおかつ先の人気データの1人気、、2人気に該当していたら激アツですね。

 

とにもかくにもクイーンステークス同様に休み明けが強いと言うことは覚えておきましょう!
⇒※閲覧注意※クイーンステークスのヤバすぎるデータ

 

 

気になる血統データ

気になる血統データがありました。

 

へイルトゥーリーズンの流れを汲む産駒の馬の成績が。
8−8−3−41

 

頭数が多いのも確かですが、頭数に比例して勝ち鞍も多いのも事実です。

 

逆にパッとしないのがノーザンダンサーの流れを汲む産駒。
0−0−4−15

 

2着すらありません。

 

 

これらを踏まえてデータから見る鬼坊やの阿寒湖特別の本命は。
ステイパーシストです。

 

理由ですが

  • 信頼の置ける人気馬候補であること
  • 好走例の多い休み明けであること
  • この馬自体の休み明け成績が2−0−1−0であること
  • 父の血統がサンデーサイレンス系であること
  • 騎手が任せて安心のルメールであること

 

本当は記事で推していた3歳を推したかったのですが、ダートの勝ち鞍しかないエムオーグリッタしかいませんでした。

 

以上の理由からスパイシーテーストをオススメします♪

 

 

参考まで♪

 

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/27 19:21:27


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんばんわー!ヾ(´∀`)ノ

 

今日は夏を彩る牝馬の重賞、クイーンステークスの過去9年のデータをご紹介します。

 

昨年は三連複6万馬券、三連単約40万馬券となりましたが、2017年は果たして・・・

 

鬼坊やプロフィール

 

クイーンステークス人気別データ

クイーンステークスの人気別データです。

 

1人気

2−4−1−2

 

1番人気は勝率は22%と低いものの連対率66%、複勝率77%と安定性は抜群です。

 

 

2人気

4−0−0−5

 

2番人気は勝つかまけるかと言ったデータですが、勝率・連対率で考えても44%ですから、信頼度としてはまずまずですね。

 

3人気

0−1−1−7

 

4人気

0−0−2−7

 

5人気

0−0−1−8

 

6人気

0−2−2−5

 

7人気

1−0−0−8

 

8〜12人気

2−2−2−37

 

連対実績は11番人気までで、複勝実績は11番人気までとなります。

 

毎年必ず1〜3人気が絡み、6〜12人気も必ず1頭絡んでいます。

 

ですので、クイーンステークスの人気の傾向としては1〜3人気の三連複と三連単の組み合わせはいらないと言うことになります。

 

 

クイーンステークスレース間隔別成績

続いてレース間隔を見ていきましょう。

 

連闘

0−0−0−2

 

2週

1−0−0−6

 

3週

0−1−0−16

 

4週

0−1−0−5

 

5〜9週

1−2−5−28

 

10〜25週

7−5−4−33

 

 

休み明けの馬の成績がズバ抜けてます。

 

内訳をみてみましょう。

 

面白い傾向が出てきました。

 

2016年 14週、11週
2015年 11週
2014年 11週、11週
2012年 10週、10週
2011年 13週
2010年 12週、13週、14週
2009年 12週
2008年 13週、12週、12週
2007年 13週

 

今回の対象は。
アエロリット
アドマイヤリード
サトノアリシア
ヤマカツグレース

 

10週以上の休み明けが2013年以上は全て絡んでいます。

 

春の牝馬重賞が終わったら、早めに休ませてここ目標で調整している馬が強いということですね。

 

 

クイーンステークス前の前走着順

クイーンステークス前のレースの着順別に見るとどうなのか?

 

前走1着

1−0−1−1

 

前走2着

1−0−0−2

 

前走3着

0−1−0−2

 

前走4着

2−1−0−1

 

前走5着

1−0−0−0

 

前走6〜9着

2−1−1−8

 

前走10着以下

0−2−2−18

 

思い切り顕著な傾向はありませんが、前走10着以下は1着馬を1頭も出してません。

 

三連単の1着やWIN5には負けすぎな馬は使えません。

 

3着以内があるのは13着までで、18着で2着が1回ありますが、これは前走まったく競馬をしておらず余力残しということでしょう。

 

この例外ともいえる馬は2012年の松永厩舎のシャルールで、18着に大敗前は11週の休み明けで福島牝馬Sで2着、その後G1のヴィクトリアマイルで18着後、11週の休み明けのクイーンSで2着でした。

 

 

クイーンステークス前のレースの着差は?

ここは過度に見るのは危険と思いますが、クイーンステークス前のレースの着差をざっくり書きますと。

 

0.1〜0.2差勝ち

1−0−1−0
アエロリット
アドマイヤリード
マキシマムドパリ

 

0.0差勝ち

0−0−0−1

 

0.0差負け

0−0−0−1

 

0・1〜0.2差負け

2−2−0−3
エテルナミノル
クインズミラーグロ

 

0・3〜0・5差負け

1−1−1−4
シャルール
スズカゼ
ハツガツオ

 

0.6〜0.9差負け

3−0−0−5
トーセンビクトリー
ハッピユニバンス

 

1.0〜1.9差負け

0−1−1−13
ノットフォーマル
パールコード
ラインハート

 

2.0〜2.9差負け

0−0−1−3
サトノアリシア

 

3.0〜3.9差負け

0−1−0−1
ヤマカツグレース

 

4.0秒以上負け

0−0−0−1

 

大きな傾向はありませんが、勝ち馬は前走負けが0.9秒以内に収まっている馬から出ています。

 

またデータは少ないですが、0.0差の勝ち負けを前走でした馬はクイーンSでは馬券になっておらず、前走がMAXなので上積みや余力が無い馬が多く危険ということでしょう。

 

 

クイーンステークスの前のレースでの人気は?

 

クイーンウステークス前のレースでの人気別成績です。

 

前走1人気

0−0−3−0
クロコスミア
トーセンビクトリー

 

前走2人気

0−0−0−3
アエロリット
クインズミラーグロ
スズカゼ

 

前走3人気

0−1−0−1
マキシマムドパリ

 

前走4人気

2−0−0−2
ノットフォーマル

 

前走5人気

0−2−0−3

 

前走6〜9人気

1−1−0−6
アドマイヤリード
サトノアリシア
シャルール

 

前走10人気以下

4−1−1−17
ハッピーユニバンス
ハツガツオ
ヤマカツグレース
ラインンハート

 

傾向として、前走1〜3人気から勝ち馬は出ていません。

 

1人気で3着した3頭は2頭が前走1番人気。

 

他も前走G1に出走しているか、重賞で馬券に絡んでいる馬となり前層がMAXの仕上げだった可能性が高く、このパターンは馬券には含める必要があっても連軸や頭としては危険です。

 

逆に10人気以下かからクイーンSを勝つパターンはG1で人気が無く、G3で面子がゆるくなった今回盛り返すパターンが目立ちます。

 

 

クイーンステークス前のレース名は?

 

ヴィクトリアマイル

3−4−1−10

 

優駿牝馬

2−1−1−9

 

マーメイドS

1−1−2−18

 

パールS(1600万)

1−0−1−0

 

福島牝馬

1−0−0−4

 

ヴィクトリアマイル組と優駿牝馬組が断然です。

 

連軸候補はここから選ぶべきでしょう。

 

 

これらを踏まええると、鬼坊やのクイーンSの勝利に一番近いと思われる馬は。
アドマイヤリードです。

 

他にも休み明けのデータの傾向なども踏まえての穴候補も見え隠れしていますので、しっかり的中させて夏競馬をもっと熱くさせたいですね!

 

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/26 20:56:26


↓お気軽にフォロー&友達申請してくださいね↓

こんにちは。
(*´∀`*)ノ

 

週末から使える新潟競馬場で行われる直線1000mの名物重賞、アイビスサマーダッシュG3のデータをまとめました。

 

週末からの軸馬選定、馬券検討にお役立てください。

 

過去10年のデータになります。

 

鬼坊やプロフィール

 

アイビスサマーダッシュ人気別成績

ではアイビスサマーダッシュの人気別の成績から見ていきましょう。

 

1番人気

5−1−0−4

 

2番人気

1−1−1−7

 

3番人気

1−2−2−5

 

4番人気

0−0−2−8

 

5番人気

0−3−1−6

 

6番人気

0−1−2−7

 

7番人気以下

3−2−2−95

 

1番人気は勝率5割の2着1回とまずまず。

 

1人気で馬券に絡む馬のほとんどが勝ちきっています。

 

その他の人気は特に傾向は無くバラバラですね。

 

 

前走レース

次にアイビスサマーダッシュ前にどんなレースを使っていたかです。

 

CBC賞

5−2−0−14

 

函館スプリント

2−2−2−16

 

バーデンバーデンカップ

0−4−3−33

 

これらに出走した馬
アクティブミノル
ナリタスターワン
ラインスピリット

 

CBC賞と函館スプリントから軸馬を選択するのがベストでしょう。

 

バーデンバーデンカップは出走頭数は多く7頭が馬券に絡んでますが、勝ち馬はいません。

 

逆に言えばバーデンバーデンカップ組から勝つまでいかずとも三連複の軸でも見つけられたなら、三連複フォーメーションもしくは2頭軸ももう一頭はCBC賞と函館スプリントから見つければいいことになります。

 

他は1600万からの挑戦もありますが、勝ったのは2010年のケティラブのみです。

 

格上挑戦の場合は過度な期待はせず、オープン馬から軸馬を選択するようにしましょう。

 

 

 

アイビスサマーダッシュ斤量別成績

アイビスサマーダッシュの斤量別成績です。

 

57.5〜59キロ

0−0−0−5

 

55.5〜57キロ

3−8−4−72

 

53.5〜55キロ

7−1−4−44

 

51.5〜53キロ

0−0−1−8

 

49.5〜51キロ

0−1−1−3

 

57.5キロを超える馬の連対はおろか馬券に絡んだことは過去10年ありません。
⇒ネロが該当

 

正確には58キロ、59キロを背負った馬ですが、これらを見つけたら馬券から外すか、ヒモ程度の評価にとどめるとよいでしょう。

 

注目すべき馬券の中心は53.5〜57キロまでの馬で、勝ち馬は全てこの中から出ています。

 

更に更にこれを詳しくみると。

54キロ 5−1−3−43

アースエンジェル
キープレイヤー
ダンシングワンダー
フィドゥーシア
ブライトチェリー

 

55キロ 2−0−1−1

該当なし

 

56キロ 3−7−4−65

アクティブミノル
イオラニ
シンボリディスコ
ナガラオリオン
ナリタスターワン
プレイズエターナル
ラインスピリット
ラインミーティア
レッドラウダ

 

 

と、、過去10年の勝ち馬は54,55、56キロの3パターンから全出ています。

 

 

前走着差

アイビスサマーダッシュより前走のレースの着差で興味深いデータがあります。

 

前走負けた馬の場合、1.0秒以上の差をつけられて負けた馬は。

1−0−1−36
アースエンジェル
イオラニ
オヒア
ラインスピリット
レヴァンテライオン

 

まず勝てる可能性は無く、勝率は限りなく低いです。

 

馬券としても魅力的な馬を見つけても軸にはしづらくヒモまでです。

 

 

他、0.0差の僅差で負けた馬と前走勝利した馬も。

1−0−5−10
フィドゥーシア
レジーナフォルテ

 

とあまり成績は良くありません。

 

ほとんどが、0.1秒〜0.9秒前走勝ち馬から離されて負けた馬の中から勝ち馬が出ています。

アクティブミノル
キープレイヤー
シンボリディスコ
ダンシングワンダー
ナガラオリオン
ナリタスターワン
ネロ
ブライトチェリー
プレイズエターナル
ラインミーティア
レッドラウダ

 

 

ローテーション別成績

アイビスサマーダッシュまでの間隔別成績です。

 

連闘

0−0−0−2
該当なし

 

2週

0−2−2−13
ナガラオリオン

 

3週

1−2−2−20
レヴァンテライオン

 

4週

3−3−2−21
アクティブミノル
ナリタスターワン
ラインスピリット
レジーナフォルテ

 

5〜9週

5−2−2−37
オヒア
キープレイヤー

 

10〜25週

1−1−2−25
アースエンジェル
イオラニ
シンボリディスコ
ダンシングワンダー
フィドゥーシア
ブライトチェリー
プレイズエターナル
ラインミーティア
レッドラウダ

 

半年以上

0−0−0−14
ネロ

 

休み明けの成績が抜群に悪いですねw

 

短距離レースの休み明けは息が持たせづらいと言いますので、ストレートの1000mだと特にかもしれませんね。

 

 

枠番別成績

アイビスサマーダッシュで忘れてはいけないのは直線1000mでよく言われる枠順による有利不利です。

 

外枠が超有利!なんて言われているけど、データではどうなんでしょ?

 

1枠

0−0−1−16

 

2枠

2−1−3−11

 

3枠

0−1−0−16

 

4枠

1−0−0−19

 

5枠

1−0−1−18

 

6枠

0−3−1−16

 

7枠

2−1−4−19

 

8枠

4−4−0−17

 

やはり8枠が断然有利ですね!

 

ただ、どんな人気の馬が8枠の1,2着を確保したか見て見ると、ほとんど1〜3人気ですので、人気の馬が8枠に入ったらある程度力を発揮しやすいので信頼出来ると考えるのが自然でしょう。

 

 

アイビスサマーダッシュのデータから見る注目馬は?

これら踏まえますと、アイビスサマーダッシュのデータから見る注目馬は。
アクティブミノル
ナリタスターワン

 

こちらが◎候補。

 

注意として。
キープレイヤー
レジーナフォルテ

 

になります。

 

ご参考まで。

 

⇒鬼坊やオススメの正統派スロプロ育成プログラム

 

 

続きを読む≫ 2017/07/25 20:59:25